2015年のノーベル文学賞はベラルーシのスベトラーナ・アレクシエービッチ氏が受賞。村上春樹氏はまたも受賞を逃す。

 ノーベル文学賞の有力候補と目されてきた小説家・翻訳家の村上春樹氏(66)が、今年の受賞を逃した。2015年10月8日(日本時間)、スウェーデンのノーベル財団が発表したところによると、今年のノーベル文学賞はベラルーシのスベトラーナ・アレクシエービッチ氏に贈られる。
スベトラーナ・アレクシエービッチ氏は1948年、ウクライナに生まれた。父親の軍隊除隊後、ベラルーシに移住した。
ジャーナリストとして活躍した後、第二次世界大戦に従軍した女性らに取材した『戦争は女の顔をしていない』や、ドイツ侵攻当時に子どもだった人の体験談を集めた『ボタン穴から見た戦争』を発表した。
  1988年にはソ連に介入されるアフガニスタンを取材し、『アフガン帰還兵の証言』で隠されていた事実を明らかにし、軍や共産党の新聞から攻撃された。チェルノブイリ原発事故に遭遇した人たちの証言を集めた『チェルノブイリの祈り』は数々の賞を受賞。
  ルカシェンコ独裁政権の言論統制から逃れ、西ヨーロッパを転々とし、2011年に帰国した。上記作品は日本語訳もされており、来日して講演を行ったこともある。
  惜しくも落選したかたちの村上氏は、いま最も世界で注目される日本人作家として、ここのところノーベル文学賞の有力候補の「常連」となっていた。今年も前評判が高く、英国などの複数の大手ブックメーカー(賭け屋)による予想で2番人気となっていた。

出典:Jcastニュース

授賞の理由は「現代の苦痛と、それを乗り越える勇気の記念碑のような、多様な声を集めた著作」 とのこと

スウェーデン・アカデミーは8日、2015年のノーベル文学賞をベラルーシの作家・ジャーナリストで、チェルノブイリの原発事故や戦史をテーマにしてきたスベトラーナ・アレクシエービッチ氏(67)に授与すると発表した。授賞理由として「現代の苦痛と、それを乗り越える勇気の記念碑のような、多様な声を集めた著作」を挙げた。授賞式は12月10日、ストックホルムで開かれ、賞金800万スウェーデン・クローナ(約1億1500万円)が贈られる。

 1948年、母の故郷で当時ソ連だったウクライナで生まれ、後に父の故郷ベラルーシへ移住。大学でジャーナリズムを専攻し、首都ミンスクの新聞社勤務などを経てフリーのジャーナリストとして活動を始めた。

 代表作の一つで邦訳もある「戦争は女の顔をしていない」は、第二次大戦に従軍したソ連の女性兵士数百人に取材を重ね、終戦後も苦しみを抱え続ける知られざる一面をあらわにした。83年に完成したが、「ソビエト女性のイメージを崩す」としてすぐには刊行されず、ペレストロイカによって85年に刊行。ベストセラーとなり、舞台化、映画化された。

 大戦中に幼少期を過ごした人たちに取材した「ボタン穴から見た戦争」、アフガニスタン戦争の凄惨(せいさん)な現場をあきらかにした「アフガン帰還兵の証言」などで、戦争の実像を浮かび上がらせた。

 「チェルノブイリの祈り」は、事故から10年後に住民の問題意識や感情がどのように変わってきたかをテーマにした証言集。98年に邦訳され、東日本大震災発生後に改めて注目を集めてきた。2003年には、日本のチェルノブイリ救援団体の呼びかけで来日した。

 94年にベラルーシがルカシェンコ大統領の政権になって以降、著書は同国で刊行されなくなり、自身も一時フランスやドイツなどで暮らした。

出典:毎日新聞

スヴェトラーナ・アレクシエーヴィッチ氏について

・ベラルーシの作家、ジャーナリスト。。2015年にジャーナリストとして初めてノーベル文学賞を受賞した。
・第1作『戦争は女の顔をしていない』では、第二次世界大戦に従軍した女性や関係者を取材。第2作『ボタン穴から見た戦争』では、第二次世界大戦のドイツ軍侵攻当時に子供だった人々の体験談を集めた。
1988年にはソヴィエト連邦の介入下にあるアフガニスタンを取材し、『アフガン帰還兵の証言』でアフガニスタン侵攻に従軍した人々や家族の証言を集めたが、一般のソヴィエト国民に隠されていた事実が次々と明らかにされ、軍や共産党の新聞はアレクシエーヴィッチを一斉に攻撃した。『チェルノブイリの祈り』では、チェルノブイリ原子力発電所事故に遭遇した人々の証言を取り上げているが、ベラルーシでは未だに事故に対する言論統制が敷かれている。2003年に来日し、チェルノブイリを主題に講演を行なった。

主な著書

  • 『戦争は女の顔をしていない』 三浦みどり訳、群像社、2008年。
  • 『ボタン穴から見た戦争』 三浦みどり訳、群像社、2000年。 – 原題は『最後の生き証人』。
  • 『アフガン帰還兵の証言』 三浦みどり訳、日本経済新聞社、1995年。 – 原題は『亜鉛の少年たち』。
  • 『死に魅入られた人びと―ソ連崩壊と自殺者の記録』 松本妙子訳、群像社、2005年。
  • 『チェルノブイリの祈り』 松本妙子訳、岩波書店、1998年。
出典: wikipedia

ニュースへの意見

118
>>1
去年から分かってた。
224
>>1
春樹は日本独自のイベント「文学賞がとれるかも」だから候補に入っているのかどうかも分からんし
そもそも受賞したらイベント終わっちゃうだろ
定期イベント継続オメ
360
>>1
これは非常に嬉しい
「戦争は女の顔をしていない」は名作
まだ読んでない人は読んでみるといいよ
独ソ戦の女性兵士へのインタビューを記録した本
2
またもう1年楽しめるからこれでよかったと思う
407
>>2
1年2年といわずまたまだ何年も楽しめるよ
21世紀秋の風物詩だ
843
>>2
本人は鬱陶しがってるのにw
6
春樹もう永久に無理っぽい
23
知ってた速報

これでまた来年も踊れますね!
25
なぜに村上春樹が受賞できると思えるのか
888
>>25
自国の言語を超えた国際的な文学賞のが三つあって
ノーベル文学賞以外のフランツ・カフカ賞とエルサレム賞はすでに受賞しているから
34
なんで村上春樹がノーベル賞取れると思ってるかの方が謎だわ
807
>>34
ほんとそれ
雰囲気だけの中二病全開小説でノーベル賞獲れると思ってる意味が分からん
ってかハルキストってプールサイドやカフェで小説読んでる私イケてるってイメージしかないわ

25

はるきは本気で狙ってるのか?もうほっといてたげたら?

45
ビッチおめでとう!
読んだことないけど素晴らしい作品だと思うよ
ハルキストざまああああ
49
候補に入ってるかどうかは50年後に公開される
50年後まで待て
78
春樹は大衆的すぎて無理。売れる作家は受賞しない。
逆に前衛的すぎるピンチョンも無理。
スウェーデンアカデミーにも好みがある。
51
綺麗にオチが付いた今年のノーベル賞
来年もこんな流れでお願いします
84
ぶっちゃけ受賞者の作品を全く知らない
142
ノルウェイの森じゃなくてスウェーデンの森にしておけばとれたんじゃない?
177
かなりの社会派が選ばれたなあ・・・
文学というよりルポライターに近い
183
ハルキストを代表して俺がコメントさせてもらう。

30年来のハルキストだけど別に発狂してないよ。
もともと「ノーベル賞が欲しい」って言ったことはないし、
春樹に振り回されるのは馴れてるし。

こんな奴だけど好きなんだからしょうがない。
型に嵌らないのが春樹だしね。

ノーベル賞は他の作家にくれてやればいい。
私達は春樹の小説=魂を支えるから。

その魂は私から子供へ、子供から孫へと受け継がれていくし、
そうやっていつか春樹のDNAと混ざり合うから。
それがファンと村上龍とのEternalだし。
278
まあ、出版は毎年のこの時期に売り上げ冊数伸ばすんだろうし、
ついでに賞も取れたらバンザイなんだろうけどな。
ファンが盛り上がるのはいいけど、メデイアが待ってましたとばかり煽るのはなんかむかつく。
423
受賞するより、毎年この調子で春樹ノベルに注目集まった方が、
長い目で見ると、よかったなと振り返れるかもしれない。