【姫路市の飲食店】「まかない料理」に毒性の強いチョウセンアサガオの種を混ぜてアルバイトの男性に食べさせたとして店長を逮捕

 毒性のある植物の種を食べさせたとして、店長の男が逮捕されました。

 逮捕・送検された戸田善行容疑者(30)は先月、兵庫県姫路市の飲食店でアルバイトの男子大学生(20)に提供された「まかない」の料理に、強い毒性のある植物の種を混ぜて食べさせ、中毒症状を起こさせた疑いが持たれています。

 意識が朦朧(もうろう)とするなどした男子学生は、1週間入院しましたが、現在は快方に向かっています。

 戸田容疑者は容疑を認めていて、動機について「勤務態度に不満があった」と話しているということです。

出典:テレビ朝日

 送検容疑は11月9日夜、当時店長だった同市南駅前町の居酒屋で、アルバイトの男子大学生(20)=同市=のまかない料理に、チョウセンアサガオの種を混ぜて食べさせ、意識障害などを引き起こさせた疑い。

 同署によると、男は通信販売で種を購入したといい、「男子学生の勤務態度に不満があった」と容疑を認めているという。

 男子学生は食べた翌日、意識がもうろうとなり病院に運ばれたが、現在は退院している。親から連絡を受けた店の経営者が男に事情を聴いて発覚した。

 同署は男を同11日に同容疑で逮捕したが、神戸地検姫路支部は今月1日に処分保留で釈放した。チョウセンアサガオの種はゴマほどの大きさで、食べると死に至ることもあるという。

出典:神戸新聞

チョウセンアサガオについて

 チョウセンアサガオは、ナス科の植物。園芸用にはダチュラの名で広く流通しているほか、マンダラゲ(曼陀羅華)、キチガイナスビ(気違い茄子)の異名もある。

毒性

 経口後30分程度で口渇が発現し,体のふらつき、幻覚、妄想、悪寒など覚醒剤と似た症状が現れる。毒性は他の幻覚薬物とは比較にならないほど強く、薬物中毒者ですら手を出さないレベルであるという。

中毒例

 ・家の畑から引き抜いた植物の根を使って調理したきんぴらを食べた人(2名)が、約30分後にめまい、沈鬱となり、以後瞳孔拡大・頻脈・幻視等の症状を呈して入院。ゴボウと「チョウセンアサガオの根」を間違えて採取・調理し食べていた。

 ・1家族3名がチョウセンアサガオを誤食し、意識障害・幻覚などの症状を訴える。チョウセンアサガオの開花前のつぼみをオクラと間違え、かき揚にして食べていた。

 ・家庭菜園でチョウセンアサガオを台木としてナスを接ぎ木し、実ったナスを加熱調理し喫食したところ意識混濁などの中毒症状を発症した。

 

出典:wikipedia