九州がんセンターにタクシーが突っ込む事故が発生 2/10

 福岡県警によると10日午後5時40分ごろ、福岡市南区の「国立病院機構九州がんセンター」前のロータリーで、男性(61)の運転する法人タクシーが歩道に突っ込み、バス停表示板やベンチに衝突し、植え込みに乗り上げた。
 男性は右脚打撲の軽傷。「ブレーキを踏んだつもりだった」と説明しているが、県警はアクセルとブレーキを踏み間違えたとみている。

出典:毎日新聞