地熱発電はなぜ日本だけ停滞したのか

【 進まぬ開発 】



日本は火山国だ。ということは地熱資源が豊富な国である。実際、火山の数では米国(160)、
インドネシア(146)、日本(119)の順で世界第3位、地熱の資源量も第3位だ。
ところが、地熱発電量では世界8位に沈んでしまう。しかも、日本の地熱発電量は1997年をピークに減少し、発電の認可出力は横ばいが続いて、この間は「眠っていた」と言われている(下図)。
同じ時期にインドネシアやフィリピン、アイスランドなどがどんどん地熱発電所を増やしてきたのとは対照的だ。

ここへきてようやく、温泉地での小規模な「温泉発電所」が増え始めた。
福島原発事故が、地熱発電の眠りを覚まさせたのである。だが、目は覚ましたものの、まだ布団の中でぐずぐずしている状態と言っていい。なぜなのか、日本にある豊かな資源がなぜ利用されないのか。
福島原発事故後、ずっと気になっていたことを考えてみる。
日本の地熱発電は1960年代に始まり、90年代前半までは発電設備容量がまずまず増えてきた。
ところが、そこからピタッと開発が止まってしまう。世界はといえば、増加スピードはまったく衰えず、 むしろ2005年以降は増加スピードがあがっている。日本は完全に世界の流れに取り残されているのである。
地熱発電の長所ははっきりしている。まず安定していること。ほかの自然エネルギーが昼夜や季節で大きく変動するのに対し、 地熱は変動がほとんどない。設備利用率も高い。2009年の実績だと地熱は72%で、 原子力発電所の71%とほぼ同じだった。季節変動や日内変動が避けられない風力では約20%、太陽光では約12%の設備利用率になる。そして、二酸化炭素排出量が極めて少ない。
発電機作成段階も含めたトータルの排出量(ライフサイクルCO2排出量)は、 中小水力発電についで地熱が少ない(電力中央研究所調べ)。つまり、二酸化炭素を出さないという点では原子力より上なのだ。

にもかかわらず、日本では地熱発電が増えなかった。理由として「コストが高い」
「地下のことは掘ってみないとわからないので、開発リスクが大きい」「地熱資源の8割以上が国立公園内にあり、開発できない」
「温泉事業者の理解が得られない」といった点が指摘されてきた。
東日本大震災のあと、地熱発電に対する規制をゆるめるべきだという世論が盛り上がり、 環境省は2012年3月に国立・国定公園の中でも第二種、第三種特別地域では 「優良事例」に限って開発を認めると打ち出した。核心部の特別保護地区とそれに準ずる第一種特別地域を除いた場所は、 「開発禁止」から「相談に応じる」へ変わったわけである。
一方、温泉事業者の理解については、地下の蒸気をそのまま使ってタービンを回す「蒸気フラッシュ発電(蒸気発電)」と、 そのままでは使わない「温泉発電」で様相が違ってきた。
蒸気発電は、200度C程度以上の蒸気・熱水が出るところに設置される。発電効率が高く、大型化も可能だ。
ところが、近くに温泉街があると「温泉が枯れる」という反対運動が起きやすい。自然保護団体も大型発電所には批判的だ。

それに対し、温泉発電は、温泉蒸気でタービンを回して発電するのではなく、温泉水で沸点の低い液体を蒸気にする。
別の液体を蒸気にするためだけに温泉水を使うわけである。温泉水と別の液体の2種類を使うので「バイナリー発電」とも呼ばれる。
これだと100度C未満のお湯でも使えるし、温泉水は減らない。温泉水に注目すれば、くみ上げたあとに発電のために少しさまして温泉街に届けるというイメージだ。この方法なら温泉事業者の反対はあまり出ない。

実際、今年に入って大分県や長野県など各地で温泉発電所が続々誕生しつつある(左図)
2012年7月から再生可能エネルギーを電力会社が固定価格で買い取る制度(フィード・イン・タリフ=FiT)が始まったことが大きく影響している。
「1キロワット時40円」で買ってもらえるので、採算をとりやすくなった。
福島市の土湯温泉では、400キロワットの温泉発電所を来年7月に稼働させる予定で作業を始めている。
今年6月に建設予定地を訪れると、山道が少し谷側に張り出したところで、源泉くみ上げの装置が動いていた。
一見して「狭い」と感じる。そこにおさまるほど、温泉発電の装置は小規模だということだ。

ヤフーニュース
2
総事業費6億3000万円で年間1億円の収入を見込む。
採用したのは米国オーマット社の装置で、発電には沸点30度の炭化水素ペンタンを使う。
温泉を管に通し、その熱でペンタンを蒸気にして発電タービンを回すわけだ。

「温泉の成分はさまざまで、実証実験で管が詰まってしまう例は多い。
世界的に実績のあるオーマット社は、温泉の泉質に合わせてオーダーメードする。
残念ながら日本企業の装置は既製品を据え付ける形だったので、採用できなかった」と、つちゆ温泉エナジーの加藤勝一社長は説明した。
土湯温泉では、近くに小規模水力発電所も造り、それらを観光資源としても活用しようとプランを立てている。

規模が小さく、周辺の環境に与える影響も小さい温泉発電所は、地域密着型の発電所として今後も増えていきそうだ。
エネルギーの地産地消は、災害時でも電源確保の道が広がるという点でも意義が大きい。
しかし、蒸気発電の方は見通しがはっきりしない。  

今になっても及び腰の政府
全国各地に増えてきた温泉発電所だが、発電容量はせいぜい数百キロワットだ。
100万キロワットクラスの原発に代わる発電所を地熱でと考えれば、最低でも数万キロワット規模の大型地熱発電所を造らなければならない。
こうなるとバイナリー発電では無理で、蒸気フラッシュ発電(蒸気発電)にならざるをえない。

こちらにはさまざまな課題がある。まず、地下奥深くの高温の地熱を取り出さなければいけないので、調査・開発に時間がかかる。
環境アセスメントも必要だ。環境影響評価法で、市長や県知事の意見を聞いて経済産業大臣が勧告・通知する
というプロセスが規定されている。海外での開発でも同様なプロセスがあるが、日本では環境アセスメントに諸外国の2~3倍もかかるといわれている。
そのプロセスの中、地元の温泉業者や自然保護団体の賛同が果たして得られるのかという点も不透明だ。
そもそも大型開発で環境に悪影響はないのかという点は、誰しもが気になる点である。

しかし、原発をなくしていくためには大型地熱発電所の開発は避けて通れないと思う。
なぜ地熱発電の開発が90年代に入ってピタッと止まったのか。その理由を突き詰めて考えてみると、 地熱発電の欠点として挙げられるあれこれの理由は「言い訳」に過ぎず、要は日本政府が原発を推進してきたからだという点に行き着く。
何しろ地熱発電の特徴は原発にそっくりなのである。変動せずに安定に発電でき、二酸化炭素もほとんど出さない。
しかも投入エネルギーに対する電力生産量は石炭や石油を上回る。こういうそっくりな特徴を持つ二つの発電方式のうち、一方だけを日本政府は厚遇した。原発だけに至れり尽くせりの制度を作った。つまり、 政府は原発を選んで地熱を捨てたのである。だから、インドネシアを始めとする世界各国で地熱発電所が次々と開発される中で、日本だけが「眠りに入ってしまった」のである。

だが、今や原発にはとんでもないリスクがあることが明らかになった。
原発のリスクを小さいと見たからこそ地熱を捨てることもできたのだろうが、その前提条件が変わった以上、政府は新しい方針を明確にしなければいけない。

そもそも、原発は発電するだけなら大型地熱発電より簡単だったかもしれないが、放射性廃棄物は地層処分をせざるをえず、結局、地下奥深くを調査しないわけにはいかない。「地下は開発リスクが高いから、手をつけられない」などとは、どっちにしろ言っていられないのだ。

ところが、政府のエネルギー基本計画はわかりにくい。

地熱に関する政策の方向性は以下の通り。
http://www.meti.go.jp/press/2014/04/20140411001/20140411001-1.pdf

施策の文章が地熱の「欠点」から入っているのが、何とも後ろ向きだ。
しかも、締めの言葉が「検討する」。どうにも腰が引けている。
「利点」を積極的に伸ばそうという姿勢がまったく伝わってこない。何より、わかりやすい目標がどこにもない。
原発を減らしていくには、省エネルギーもむろん大事だが、持続可能なエネルギー源の開発も欠かせない。地熱発電には政府がもっと積極的に取り組むべきだと私は思う。
自然相手ならではの難しさはあるだろう。どこでも同じ手法が通用するとは限らない。
温泉の泉質は地域ごとに違うし、それでも管が詰まらないように研究と開発が必要になってくる。
地学、化学、工学の境界領域で、文字どおり泥臭い研究開発をしなければならない。しかし、こういった研究こそ地方大学の出番だ。

原子力のように中央集権的には進められない。そこを魅力だと思う感性を私たちは持ちたい。
8
温泉屋が怒鳴り込んで来ます。
とても怖い人たちです。
9
地熱発電みたいなもんより、温泉地のほうがよっぽど金になるし、雇用も大きいからな。
14
箱根のニュースて大涌谷の画像が映るけど
あそこで地熱発電やったらすごいだろうな
温泉にしか使わないなんて、もったいないよ。
19
過去の事例で温泉が出なくなったケースがあるから
大反対したんじゃなかったっけ
温泉枯渇すると商売どころか町その物が衰退するから絶対に反対って感じで
その辺の町の人間は、皆温泉を目的とした観光客に依存してるから
そりゃぁ地元は、猛反対する訳で
23
まぁ民法の教科書の最初のページに載ってる判例が
宇奈月温泉事件だもんな。

温泉利権の争いは水利権よりも厳しい
29
電気ごときのために温泉潰すのは馬鹿だよな
電気ごとき原発で十分
31
そもそも温泉が枯渇とか、洗脳する為のデマだろうな
小規模なら温泉宿が一軒増える程度の原泉の使用量だろうし、大規模なら現況の温泉施設が無い所に設置して、新たな温泉施設開発も合わせて出来る
33
東京って掘れば温泉出てくるんだろ
35
>>33
世界中温泉なんてどこを掘っても出てくる。
成分や温度の差があるだけ。
36
自然を守れという理由で国立公園化して開発を禁止し、
その結果、火力や原子力で地熱を上回る自然破壊をもたらすという
40
柏崎原発が原子炉7基で820万kW
日本最大の地熱発電所の八丁原が11万kW
さすがに八丁原クラスを80個作るのは無理があるよね
45
>>40
自然エネルギーは小規模発電で、地産地消でロスを抑えるのがポイントだろ
大都市圏とかのエネルギーを置き換えるものじゃない
41
今の原発だって、簡単に言えばお湯沸かして蒸気タービンを回して発電だから、初めからお湯が沸いている分危険とされる原子力の部分が要らないで済む
原泉の温度が低い時は、沸点が低い溶液を使って蒸気にしてタービンを回す方法も有る
43
地熱は小規模ってイメージがまだまだ多いけど、国内でも30MWクラスの
地熱発電所は既にあるから、ちゃんとやれば原発分くらいはカバー出来る
筈なんだけどね。

バイナリー発電も発電量は小さいと言われてるけど、数MW程度でも
プラント規模が小さく安いので、そんなんを数百も作れば結構な
発電量になる。
勿体ないよなー。
44
海外の地熱発電プラントの多くは日本製。
その日本では用水路のマイクロ水力発電で「エコだ」などと新聞が持ち上げる。
阿呆な国よのう。
136
>>44
だよな。アイスランドの地熱発電所に日本製の発電機(?)がズラリと並んでるの見たのは
数年前のTVルポだった。
メーカーは悔しいだろうねぇ。でも輸出用だけでコツコツと技術を磨いてるところに
感動したよ。

55

原発なんかよりコスト面からも全然有利なんだけど。利権が少ないせいか普及の兆しがない

50
マジでずっと前から同じこと考えてたよ。地熱発電こそ火山の島、日本には最適なのに。このバイナリー発電を是非すすめるべきだよ。
53
とりあえず、
温泉地域は地熱エネルギーを使用しろ
ってすればいい
57
日本て技術立国、資源がないとかいいながら再生エネルギーにあんま興味なさげだよね。
60
本気で、政府が地熱をやったら、原発いらなかったかもな
国立指定を外したりとか、温泉地の保証を厚くしたちとか
もうでもう、遅いよな
63
技術の問題じゃなくて、温泉協会や地元から反発食らって票が取れなくなるからやらないだけのことだ。
69
割に合わないから開発される訳ないよ
温泉じゃないんだから掘って終わりじゃないし
84
一番の原因は原発が不要になっちゃうからだと思う
120
地熱で使った蒸気を温泉に回せばいいじゃん
145
>>120
現実にアイスランドでは「ブルーラグーン」と称して排水湖が観光地化
しとるちゅうのにな。
129
>インドネシアを始めとする世界各国で地熱発電所が次々と開発される中で、
>日本だけが「眠りに入ってしまった」のである。

三菱・東芝・富士電機で地熱発電設備の世界シェア70%以上持ってるのに
おかしな話だよな

高温岩体地熱発電が実用レベルになれば
温泉街とも競合せず発電出来るんだろうけど中々難しそうだ
130
太陽熱温水器は義務化しない不思議w
200~300Lぐらい集合住宅でも設置できそうなのに。

ヒートポンプエアコンも普及してない。
144
>>130
俺もこの意見
太陽利用だったら温水器の方が圧倒的に効率が上
ヒートポンプも同意
156
>>144
太陽熱温水器はもっと評価されていいよな
最近のは真冬でも晴れてれば結構温まるし。
朝日ソーラーとかの悪質営業のせいで
「太陽熱=詐欺商品」みたいなイメージがついてしまったのが
残念でならない・・
137
福島県の土湯温泉は震災以降は客が減って
かなりの温泉旅館が廃業してる
旅館施設を老人ホームに転業してるところも多い
そういう場所だから観光業者の反対も少なかったんだと思う
141
穴掘り、銅柱を入れ
その熱でお湯を沸かせば良いだろうに
湯気が溜まればタービンが回るんだし
温泉が~ と言われないように技術で克服出来んのかwwww
153
>>141
スイスのバーゼルでそれやって地震の原因とされて裁判沙汰
143
地熱発電の歴史を知らないバカほどバラ色でデメリットに触れないんだよなー
結論から言うと、地熱発電は「有限」です
地熱発電で有名なフィンランドは1970年代に調子こいて発電しまくった結果、
地熱(地下水)が枯渇しました

日本でやるときもここを弁えないと、
あっという間に環境破壊地域が多発します
169
とりあえず温泉地は置いておいて
国立公園を大規模に開発すればいいやん
環境のためなんだから
国立公園は環境のためのものでしょ
134
まあ来年電力自由化するんだし、再生可能エネルギーが本当にペイするなら、どんどん普及していくはずだよ。
173
ちなみに小泉純一郎が解雇した高温岩体発電の日本人研究者は
欧米豪の大学や企業に採用され世界中に高温岩体発電の技術を伝えさらに発展させている。
かつては日本だけが世界で唯一の高温岩体発電先進国だったのに
現在は日本だけが立ち遅れている。
174
ちなみに自家天然ガス地域が日本には結構ある
http://portal.nifty.com/kiji/131126162477_1.htm
175
温泉旅館が抗議した、というのと
国有地だから発電できない、という噂があったけど
どうせ原発あるんだからいらないだろと
東電やらが圧力かけただけなんでしょ
186
蒸気があればなんでもいいなら、太陽光発電衛星・・・じゃなくてソーラーシステムを地表の発電用水池に照射して蒸気を作ればいいんじゃね?どっかの酸性湖なら水生生物被害も少なそう
189
>>186
太陽熱発電ね。
中近東では太陽光発電より一般的だよ。
192
http://blog.goo.ne.jp/n4550/e/52aa55cff8c29a4357dcf34dcae48925

ロシアのカムチャツカ半島(北海道のすぐ北)では
地熱発電が盛んで排水は各家庭に暖房用の熱源として配湯され
さらに温泉水として使われている。

その地熱発電所はアイスランド企業が受注しており
発電機は東芝製などを日本から買ってる。

そのくせにカムチャツカの地元企業は知らないのかパクッて
「日本へ地熱発電施設を輸出してあげようか?」と寝言を言ってる。
194
地熱発電なんてまともにやってる国インドネシアぐらいじゃん。
はっきりいってこの分野は世界的に未開拓。
197
>>194
違うよ。
圧倒的にアメリカだよ。
ついでインドネシア、フィリピン、アイスランド、日本だよ。
ちなみに地熱発電の発電機に関しては日本が世界シェアのほぼ100%だよ。

温泉バイナリー発電はバイナリーシステムを発明したのがアメリカのせいか
圧倒的にアメリカ製のシェアが高いが。
202
原発の経済波及効果は凄いからな
糞田舎の雇用対策、政治家の票、自治体の補助金
数えたらきりがないくらいの
205
地熱発電=温泉発掘と同じなんだけどな。
なんで温泉入るのを辞めるという話になるの?

300度の水蒸気→地熱発電所→120度の蒸気→バイナリー発電→70度→暖房→45度→温泉なのだが。
210
そんな事しなくても、既存の原発使えば良いだけ。
214
債務過多の資本主義国なんだからさ、再生可能エネルギーが本当にペイしてくれれば絶対普及するのよ。陰謀論となえててもいいけど、結局は国の補助がないとやってけないような発電システムなら流行らないのは当然じゃね?
まあ明確なビジョンを持ってる人はこれを大きな起業のチャンスだと考えてがんばってくれ。電力自由化をにらんで実際にそういう会社もそこそこ増えてきたしね。
227
>>214
というか儲かるならとっくに大手電力会社が手出して利権化してるよね
231
地熱は悪くないんだけど、記事でも指摘してるとおり、
・熱源が国立公園の中にある場所が多いので調整に時間がかかる
・送電線をあらたに引かないといけないのでコストがかかる
・ボーリング調査など事前調査にコストがかかる
・温泉に影響を与える可能性
などがあるから難しいと思う。

別に原子力を推進するために地熱を遅らせてるってことはないと思うよ。
236
日本は送電線網が貧弱なんだよな。
各電力会社が自分へのボーナスや退職金を優遇して
送電線コストを徹底してケチってきたせいだ。
だからいきなり全国各地で「発電したから電力を買って」と言われても
「送電線が無いからやだねったらヤダネ~♪」とふざけた箱根八里の半次郎を歌う事になる。
253
>>236
それですわ、ほんとr
それで原発が試算の結果いちばん低コストですおすすめです、って
此の期に及んでなめてんのかと
代替エネルギーの開発にやる気なさすぎ
原発につぎ込む金あれば各地の小電力吸い上げれる送電インフラ敷設せいよと思う
246
1の元記事は朝日新聞だから、
誘導見え見えの記事だよ、最初から。
427: 名刺は切らしておりまして 2015/05/12(火) 23:56:02.49 ID:C0BfkFT1.net
麓に温泉街のある地熱の立地について地元の人が反対を示すのは理解できるけど、外部の人間が
地元の反感が強いから無理だと言って原発もやむおえないというのはおかしいよね。
原発建設だって地元の人間は反対が強かっただろうに電源三法交付金という莫大な税金を使って強引に懐柔してきたんだから
429: 名刺は切らしておりまして 2015/05/12(火) 23:59:13.63 ID:v3httH9V.net
そうか、よく考えたらそうだよね。うちの親戚の地域も原発あるけど
恩恵受けたし。大地震のリスクを考えると、やっぱ地熱もありだよね
261
スレ伸びねえな。
反原発も、原発許容派も読むべききじなのに。
264
>>261
地熱は採算取れないってレポート見てからあんまり興味持てない
採算取れるレベルになったら自然に普及するんじゃないかと思ってるし
286
>>264
>地熱は採算取れないってレポート見てから

んなことないよ

16.8~16.9円なら、現時点ではガス発電よりも安いくらいだと思う。

ああ、念のために言っておくけど、地熱の場合は立地によって発電コストは大きく変わるし
火発の場合は燃料である天然ガスや石油・石炭の値段で発電コストは大きく変わるので
常にこのコストというわけじゃない
288
>>286
風力の9.9~17.3円/1kWh
水力の10.6円/1kWh
石炭火力の9.5~9.7円/1kWh

・・・に比べたら、地熱発電は高コスト組だなぁ。
303
>>288
否定はできん
http://www.enecho.meti.go.jp/committee/council/basic_policy_subcommittee/mitoshi/cost_wg/007/pdf/007_05.pdf
だが、火力で使う金の太倉を占める燃料費は海外に出て行く金、地熱で使う金はすべて国内で回る
310
>>295
>八丁原などにいたってはキロワットあたり6円くらいだと思ったが?

それは、規模のせいじゃない
八丁原は建設費の減価償却が終わっているので会計上のコストが大幅に下がっている

別の言い方をすれば、熱源量をきちんと把握すれば>>303のコスト検証で用いられている
40年を超えて使用できるので、トータルの発電コストはもっと安くなる。
295
あと地熱で分かってるのは規模によって値段が丸っきり違う。
大規模になるほど指数級数的に建設費が安くなる。
八丁原などにいたってはキロワットあたり6円くらいだと思ったが?
バイナリーは極めて小規模なので20円くらいかかる。
それでも現在のキロワット40円の買い取り制度を使えば2年半で建設費を償却できる。
298
地熱もやれるところからやればいいと思うけど、原子力の代替にはならないよ。
火力を減らしてLNGの輸入量を減らした方がいい。
原発はこれ以上増やす必要はないし、
数はもう少し少なくて十分だが無くすわけにはいかないよ。
縮原発で原発維持。
301
>>298
火力は激増させるんだよ。
アホですかw
LNGもう当然減少していくべきで
輸入石炭貯蔵のコスト軽減と方法をちゃんと考えるべき。
322
https://www.youtube.com/watch?v=bSZilnbNmVg


結構、有名になった兵庫の湯村温泉。
ここでは90度の源泉が鬼のように湧くが
90%の湯をそのまま海に捨ててた。
それでもったいないので数千万円かけて温泉バイナリー発電所を作ったが
3年でその費用は回収できる算段。
ここを真似して全国の温泉地ではバイナリー発電をしたいという温泉町は広がってる。
334
ちなみに上記の湯村温泉で使ったバイナリー発電の設備は神戸製鋼で3000万円規模だと思ったけど
実はアメリカ製が圧倒的に安く同規模なら1000万円で建設できる。
そもそもがアメリカで発展した発電法なので向こうの方が安くて当たり前なのかもしれない。
他の温泉地はアメリカ製を輸入して使ってる。