【群馬高専】アカハラ問題や寮生3人の自殺について市民オンブズマンが開示請求するも応じず事実を隠蔽する校長らに批判の声

群馬高専では教員や学生に対するアカデミーハラスメント(アカハラ)が多発していた

具体的には、
・教員2名が詳細不明の理由で退職をさせられる
・学生の不登校が多発
・三人もの自殺者が発生

また、その他の問題が多く情報として上がっていたが、その詳細の情報開示を求めても学校側は亡くなられた学生の親御さんの意向を汲んでとの回答で詳細の発表はなし

だが、実際は名前の公表はしないで欲しいが、詳細は公表して欲しいとのこと
そのような最悪の状況になったため、市民オンブズマン群馬が情報開示を求め学校側との会議を行うことに

出典:Naver

 群馬高専(前橋市鳥羽町)で2014年1月〜16年1月に男子学生3人(いずれも当時4年生)が亡くなり、その原因は自殺だった可能性があるとして、「市民オンブズマン群馬」(小川賢代表)が8日、西尾典真(よしちか)校長に対し、遺書の有無や原因究明などに関し説明をするよう申し入れた。学校側は「事実関係を精査し、質問に回答するかどうかも含め対応を検討したい」としている。

 質問状などによると、14年1月に男子学生が校内の寮の自室で亡くなっていた。15年6月には寮を出たまま行方不明となった男子学生が1カ月後に利根川河川敷近くで遺体で発見された。今年1月には、男子学生が高崎市内の山中で死亡しているのが見つかったという。3人の死亡を受け、群馬高専は、カウンセラーによる相談時間を延ばし、精神的ストレスの計測テストを導入している。

出典: 毎日新聞