NHKスペシャルで宮崎駿がドワンゴ川上を説教 11/13

川上量生のプロフィール

出身地愛媛県生まれ、大阪府和泉市育ち
生年月日1968年9月6日 現在48歳
最終学歴京都大学工学部卒業

 川上量生(かわかみ のぶお )は、日本の実業家、映画プロデューサー。カドカワ株式会社代表取締役社長(初代)、株式会社ドワンゴ代表取締役会長(初代)、株式会社KADOKAWA取締役、株式会社スタジオジブリ所属、株式会社カラー取締役、株式会社でほぎゃらりー取締役、公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団理事、学校法人角川ドワンゴ学園理事。  
 株式会社ドワンゴ代表取締役社長(初代)、株式会社KADOKAWA・DWANGO代表取締役会長(初代)、株式会社KADOKAWA・DWANGO代表取締役社長(第2代)などを歴任した。

 大学卒業後、株式会社ソフトウェアジャパンでの7年間のサラリーマン生活を経て独立、IT関連企業のドワンゴを創業。創業には、当時マイクロソフトに居たジェイムズ・スパーン(のちドワンゴ取締役)とフリーソフト開発集団Bio_100%のリーダーだったaltyこと森栄樹(のちドワンゴ相談役)の協力があった。ドワンゴの代表取締役として社長や会長を歴任し、同社を東京証券取引所第一部に上場させるまでに成長させた。当初は「オンラインゲーム専門のゲーム会社」として創業したものの、着メロなど携帯電話関連事業に進出したことから、同社は急成長を遂げた。

 その後、スタジオジブリの鈴木敏夫と出会い、ドワンゴの会長のままスタジオジブリに入社。スタジオジブリでは見習い扱いのため、無給である

出典:wikipedia