平子理沙は大丈夫? 整形で若返ろうとして超絶に劣化した女性4人の成れの果て【画像】

  今月18日、俳優の吉田栄作(46)とモデルの平子理沙(44)夫妻が離婚の準備を進めていることを「FRIDAY」が報じた。 3年半の交際を経て97年に結婚した吉田と平子だが、約18年の結婚生活も終りを迎えることになりそうだ。 吉田・平子夫妻を巡っては、今年6月に吉田に20代モデルとの“ただならぬ仲”が報じられたうえ、芸能界一の美魔女と言われていた平子の“劣化”も囁かれるようになっていた。 しかも一部で、平子の劣化は筋肉の動きを制御してシワを目立たなくする「ボトックス注射」のやりすぎではないかという噂まで流れていたようだ。 「もともと若いモデルタイプが好きな吉田が、若いナチュラル美女になびくのも不思議ではない」(アサ芸プラス、2015年7月24日)ならば、 夫をもう一度振り向かせるため、劣化を抑えようと平子が四苦八苦していたとしても不思議ではない。 しかし、誰にとっても平等に過ぎ去る時間の流れに抗って若さに固執することは、時に当事者にとって呪いのような強迫観念を生み、心のみならず外見さえも蝕んだ結果、さらなる劣化を招いてしまうことがある。 今回は、男女関係の変化が美への執着につながり、ついには悲惨な姿へと変身を遂げてしまった世界の女性4人を紹介しよう。

1. デミ・ムーア
デミムーア
ハリウッド女優のデミ・ムーア(53)。今年7月、久々に公の場に姿を現した際、まるで別人のような変わり果てた顔に注目が集まった。 深く刻まれたシワ、たるみ、みずみずしさを失った肌……まるで白雪姫に毒りんごを手渡した老婆のようではないかというのだ。 海外の報道によると、自分よりも16歳若い俳優アシュトン・カッチャーと2011年に破局した後、デミ・ムーアは「自分に若さがなくなったことで捨てられた」と考えるように。 顔を若々しくする整形手術に、6,000万円以上をつぎ込んだという。しかし美容整形を繰り返した結果、顔はボコボコになり、肌は取り返しのつかないダメージを受けてしまったようだ。 もはや映画『ゴースト』の面影は皆無。多くのファンを落胆させる結果を招いた。 2. ブリトニー・スピアーズ
アメリカを代表するアイドル(のはずだった)ブリトニー・スピアーズ(34)。 16歳でデビューしてから、エンタメ界の第一線をひた走ってきたが、転機は2004年に訪れた。酒に酔った勢いで男と結婚・スピード離婚するというトラブルを起こしてからというもの、 女たらしのダンサーと再婚、休業宣言、離婚、親権をめぐる裁判、そして前夫とソックリの外見のモデルと交際、破局、挙句の果てには当て逃げと無免許運転で起訴され、 ドラッグやアルコール中毒に……とトラブルばかりの10年間を送り、精神破綻も疑われていた。 そんな時代を経て、以前とは別人のようになってしまった現在のブリトニー・スピアーズ。 激太りし、シワだらけの顔は、まるで50代にしかみえないと囁かれている。 2013年には、自身の三重アゴに衝撃を受けて全身美容整形を決意、総額1,300万円をつぎ込んだというが、効果があるどころか劣化にますます拍車をかける結果となってしまったようだ。 3. アルバ公爵夫人
アルバ公爵夫
「国土の北端から南端まで自分の土地を外れずに行ける」とまで言われるほどの資産家だった、スペインの貴族マリア・デル・ロサリオ・カイエターナ・フィツ=ハメス・ストゥアルト・イ・シルバ(1926~2014)。 通称、アルバ公爵夫人。あのナポレオンの遠い親戚にあたるというアルバ公爵夫人は、公爵と女侯爵の両親のもと、宮殿で生まれ育った。 21歳で公爵の息子と結婚するが1972年に死別。6年後には11歳年下の司祭と再婚するが2001年にまたも死別、 そして2011年に24歳年下の公務員と3度目の結婚――と、とにかく波乱万丈な人生だった。 何歳になっても常に美と若さを追求していた彼女は、「美容整形マニア」と言われるほど手術を繰り返し受け続けた。 その結果、晩年は目が窪み、大きく裂けたような口と、膨れ上がった唇で、まるでレプティリアンのような顔面に。 2011年の結婚が遺産目当てではないかと疑われることもあったようだが、最期まで愛に生きた。 4. 李?熙
中国河南省に住む15歳少女、李?熙(自称15歳)。 今年4月、彼女が自撮り写真を中国版ツイッターこと「Weibo」に投稿すると、そのあまりにも不自然な姿形が世界中で大反響を巻き起こした。 海外メディアによると、彼女は別れを告げてきた恋人を取り戻すため、かねてよりコンプレックスを感じていた顔面の美容整形手術に踏み切ったのだという。 巨大な目、尖ったアゴなど、顔のあらゆるパーツがあまりにも不自然に並ぶ。 周囲はドン引きしているが、自身はこの結果に至って満足しているのだとか。一部には、宇宙人や妖怪なのではないかとの説も囁かれているようだ。 彼女がその後、恋人を取り戻すことができたのかは不明である。 さて、どの女性も「若々しく美しくありたい」という思いが強すぎる結果、常識を通り越したショッキングな顔面を手に入れてしまったようだ。 このような悲劇は、「美と若さの追求」以外でも十分に起こり得ることだろう。何事も加減が大事だということを、世の美魔女たちにも覚えておいてほしい。 出典:ネタりか

平子理沙のプロフィール

出身地東京都
生年月日現在45歳
身長164cm
ブログ→ ブログへ

 東京に出生。家族構成は父、母、5歳年上の兄。父親はアパレル関係の職業を持つ人物で、母はネイルアートを日本に広めた平子禧代子。

 小学校低学年の時期に母の愛好作であったという『チャーリーズ・エンジェル』に影響を受け、4年生時まで通った成城学園からインターナショナルスクールへ転校。さらに15歳で渡米。

 現地の高校ではベストドレッサー賞を3年連続で受賞。グウィネス・パルトロウやドリュー・バリモアなどといった、のちのハリウッド女優らも同級生にいたという。やがてサンタモニカカレッジへ進学、アートを専攻した。

 19歳で日本に帰国。原宿でのスカウトをきっかけに芸能界入り。同年、フジテレビ主催の「第1回日本美人大賞」でグランプリを受賞した。

 1997年に俳優の吉田栄作と結婚。ロサンゼルスで挙式した。

 2015年12月21日に所属事務所の代理人が都内区役所に離婚届を提出。

出典:wikipedia

5
>今回は、男女関係の変化が美への執着につながり、ついには悲惨な姿へと変身を遂げてしまった世界の女性4人を紹介しよう。 これほどおせっかいな記事がかつてあっただろうか
 
6
メグライアンだろ
 
7
失敗すると叶のねえさんっぽくなっていくんだよな
 
9
デミ・ムーアとブリトニーを入れるとか失礼すぎるだろ 整形という事を考えても今でも十分なレベル 平子と比較するなら元々ブサイクな奴とくらべろよ
 
50
>>9 同意できん。デミ、ブリトニーは悲惨すぎ 平子はまだマシ
 
15
平子の若作りは痛々しい。 顔は40代なのに服装とメイクが若いから、おばさんがギャルのコスプレしてるだけに見える。
 
307
>>15 それがいいんじゃねぇか…
 
20
桃井かおりは本当にSK-2だけなのかを聞いてみたい。
 
361
>>20 ご本人を間近で拝見したことあるけど、歳相応だったよ。でもお綺麗でした
 
37
超絶劣化した日本の芸能人ぶっちぎりナンバーワンは、天地真理だろ?
 
42
>>37 天地真理って元がたいしたことないからな 和泉雅子のほうが凄いかもしれないけど、まあ太って黒くなってもそれほどひどくないか
 
84
>>37 化粧すれば今でもそれなりに可愛いよ
 
49
平子信者だった友達が数年前から顔がおかしくなったと騒いでた 確かに30代後半までは、可愛かったのに 40過ぎたあたりで一気に顔が崩れた
 
62
若さをキープしようとするから変になる 綺麗に年をとるという考え方にならんもんかのう
 
77
 
416
>>77 最近見ないな 米粒みたいな目なんだよね、本当には
 
80
高嶋兄弟の母親はあの年で綺麗だった お直しか何か知らないけど実際見て本当に綺麗でびっくりした
 
293
>>80 宝塚出身の人は年齢より若く見えるよな
 
82
デミ・ムーア
 
88
女は容姿が良ければ周囲から常にちやほやされて 男からも優しくされてモテまくり、特別待遇されるのが当たり前になる でも容姿が衰えてくるとそれらが全て無くなっていくんだから 焦りと恐怖感は相当なもんだと思うよ ブスは最初からそれらを経験してないので 老化したところで何も失うものがないので強い
 
90
20代の平子理沙 ↓ 現在 オバQ br>
本物の美人 (デビュー時20歳) ↓ 老けても美人 (37歳)
 
93
>>90 顔全体が不自然。 1度整形すると歯止めが利かず、次から次へとイジるから、ますます顔が酷くなっちゃうんだろうな。 整形は怖いね…。
 
123
>>90 下の人誰?可愛いやん
 
144
>>90 相沢紗世は別格っだわ 美人すぎる
 
109
山咲千里も混ぜて
 
128
女優でも無整形美人って、高島礼子、瀬戸朝香、佐々木希、石原さとみぐらい 歌手で無整形で顔がキレイは渡辺美里、芸人ならかつみさゆりの嫁 歌手なんて整形してもあの程度のaikoや椎名林檎だぜ 倉木麻衣レベルになると原型とどめてねーし
 
296
>>128 AIKOはどう見ても整形してないだろ。AIKOのあの鼻は元からあの形だよ。 整形してるならあの個性的な鼻を変えてる。目も一重だし。
 
302
>>296
 
136
劣化クイーンと言えば浜崎あゆみの右に出る者は居ない。 逆に最強の非劣化女性有名人は相田翔子といしのようこだと思う
 
148
 
166
>>148 平子だって全然分からんw これがイケメン俳優?
 
207
>>148 こんなの街で見ても気がつかんわw 芸能人オーラゼロw つか顔はアレだけどスタイルはマジいいな
 

55

1回整形すると止められない人が目立つね。だれかアドバイスする人いなかったの?

152
3年ぐらい前までは芸スポで平子スレが立って「整形しすぎ」ってレスあると、 かならず速攻で信者?が暴れて否定しまくってたんだけど ここ数年で状況一変したね。 別居婚って「お互い干渉しすぎない、私たちの新しい愛の形」とかいうけど 別居は別居だもんなぁ…最近の「卒婚」と同じぐらい違和感あったわ。
 
162
若尾文子も良い年の取り方だし、黒柳徹子も良い年の取り方だ。 平子の頬を見ると駄菓子屋に売っていた楊枝を刺すとクルリと皮が剥ける羊羹思い出して 仕方ないわ。
 
197
劣化といっても、自然にまかせたいい年の取り方したパターンと、 整形しすぎでゆがんだパターンがあるよな 工藤静香 神田うの 松嶋菜々子 長谷川京子 一色さえ
 
202
>>197 色々凄いけど とりあえず一色紗英がローリー寺西になってた…
 
211
>>204 口角固定されててこわい 神田うのは出産のせいか、ひっぱりすぎたのか おでこもすごいことになってるからな…
 
292
>>211 今から仕事なのに力が入りない
 
284
松坂慶子さん。ふくよかでもあれだけ綺麗ならいいよね。母性が増してる感じ
 
291
>>284 松坂慶子は実の父親に「大金かけて整形させた」ってバラされてたからなぁw でも綺麗。整形の成功例。
 
57
1971年(平子が生まれた頃) 2013年 (´・ω・`)平子なんてまだまだ甘い
 
113
>>57 由美かおるは不自然さがない。(´・ω・`)
 
160
>>57 由実かおりは化け物だな どうしてこんなに劣化しないんだ
 
142
>>57 由美かおるはバランスの取れた食事と運動をする人の頂点なんだよね 世の人は由美さんの生活を真似するだけでいい これ以上の美容はない
 
150
>>142 由美かおるは特別な呼吸法と食事と運動があるんだよね だから老化しにくいんだわ。吉永小百合も適度な運動と本質的なもんだね。 自分はオババ世代だけど、劣化しない遺伝子持っている人は 孫がいても未だに三十代後半~四十前半に見える。 クラブのママは美容整形と エステで維持してるけど昼間に会うと怖いw 介護すると一気に老化するのは共通。
 
308
並び取材で平子にだけ異常に強烈なライトが当たってて 隣のフット後藤が暑さで死にそうになってるのに笑った
 
328
中山忍は奇跡の40代だな。
中山忍 現在
 
390
ヒアロ打ち過ぎると余計に加齢が進むんだけど… それを維持するには毎度頻繁にヒアロを打つんだよ 知人がフォットフェイシャル年間三百万掛けて六十後半から五十代に 見えるようになったけど合計で600万くらい使った二年後に止めたとたん、 年齢以上のババアになって本人も大後悔してたわ。 嬉しかった時間はちょっとだったって。 ハリウッドの美容整形病院には良く日本の芸能人がお忍びでくるってさ
 
220
肌とかはもう遺伝だからなあ あまり自然に逆らうのはいかがなものかと 知り合いの美肌中年女性は基礎化粧品はほぼダイソーつってた
 
95
女優は表情も作って皺も気にしなきゃで大変だな テレビなんかだと目だけ笑わないようにしてる感じだわ
 
87
まあ芸能界でなければ普通なんだけど 普通に老けてBBAになる しかし芸能人は一目に触れる仕事だけになんとか抵抗する 終わりのない戦いだな 女は大変だな