「遺産(3000万円)は全て家政婦に渡す」とした資産家女性の遺言有効 争っていた実娘2人敗訴

10

 平成23年に死去し「遺産は全て家政婦に渡す」としていた資産家女性=当時(97)=の遺言に反し、 実娘2人が遺産を不当に持ち去ったとして、家政婦の女性(68)が遺産の返還を実娘側に求めた訴訟の判決が東京地裁であった。実娘側は「遺言は母親をだまして作成させたもので無効だ」などと主張したが、原克也裁判長は「介護せず資産のみに執着する実娘2人と違い、資産家女性に50年以上、献身的に仕えてきた。遺産で報おうとした心情は自然だ」と判断。家政婦の女性を全面勝訴とし、実娘側に宝石類や約3千万円など全遺産の返還を命じた。(小野田雄一)

 判決などによると、家政婦女性は、中学卒業後に宮崎県から上京し、昭和36年ごろに映像会社創業者の夫と暮らす吉川松子さん(仮名)方で住み込みの家政婦となった。

 吉川さんの夫は59年に死去し、吉川さんは10億円超を相続。女性は吉川さんのもとで家政婦を続けた。
月給は当初6万円で、夫の死後は無給だった。

 吉川さんは「全ての遺産は家政婦の女性に渡す」と平成15年に遺言し、23年に97歳で死去。しかし実娘側は死去当日などに遺産の大半に当たる約3千万円を自身の口座に移すなどした。女性は住む場所を失い帰郷。
その後、遺産返還を求めて実娘側を提訴した。

出典:産経ニュース

 一方、実娘側も、「女性は吉川さんの生前から資産を着服していた。遺言は無効だ」と主張。女性に着服金として、 約6千万円の返還を求め反訴していた。

嘘つきと主張

 争点は(1)遺言は有効か無効か(2)女性は実際に着服していたのか-だった。

 実娘側は「遺言は、女性が高齢で判断能力が低下していた吉川さんに実娘2人の嘘の悪評を伝え、不正に作成させた。
実の娘を差し置いて家政婦に遺産を渡そうとするとは考えられない」と主張。女性側は「吉川さんには判断能力が十分あった。吉川さんは多額の援助を受けながら無心を続ける実娘2人に資産を奪われることを心配していた。 遺言は適正だった」とした。

 着服については、実娘側は「遺産が想像以上に少ない。女性が着服していたと考えるのが自然だ」と主張。 女性側は「着服は一切していない。実娘への援助などで資産が目減りしただけだ」と反論していた。

「何度も無心」

 18日の判決で原裁判長は、実娘側が長年にわたり吉川さんに無心を続け、吉川さんも多額の援助をしてきた
▽実娘側が平成14年、「海外に移住する」として吉川さんから3千万円を受け取った際、吉川さんと実娘側は合意の上で「援助はこれが最後」とする念書を書いていた
▽移住したはずの実娘がすぐに帰国し同居を始めた後、吉川さんは「資産を奪われるのが怖くて外出できない」 と第三者に話していた
▽吉川さんの死後に女性が帰郷した際、着の身着のままで現金も5千円しか持っておらず、大金を着服した人物ならば不自然だ-などと指摘した。


 「使途不明金はカネ遣いの荒い実娘側に渡るなどしたと考えられる。女性による着服は認められず、 推認すらできない」と断定。「遺言作成当時は介護を期待できる実娘も移住してしまっていた。
その中で長年自分を支えてきてくれた唯一の存在である女性に感謝し、全資産を譲る心境になるのは自然だ」とし、 遺言は適正なものだったとした。

 さらに「実娘2人は吉川さんの資産に執着し、無心を繰り返してきた。『遺言は不合理だ』とする実娘側の主張は、 それまでの自身の行いを省みないものだ」と批判し、訴訟費用も全額実娘側の負担とした。



相続トラブル、年々増加

 遺産相続をめぐるトラブルは、年々増加傾向にある。それに伴うように、遺言の有効性を法的に保証する「遺言公正証書」の登録件数も増加している。

 平成27年の相続税・贈与税の改正に加え、政府は有効な遺言に基づく相続について一定の相続税を控除する「遺言控除」を新設して遺言を普及させ、トラブルを未然に防ぐ考えだ。少子高齢化が進む中、遺言の注目度が高まっているといえそうだ。


 司法統計によると、全国の家庭裁判所に持ち込まれた遺産分割をめぐる事件数は、平成12年度は8889件だったが、 26年度は約40%増の1万2577件に達した。

 相続トラブルを防ぐため専門家である公証人が遺言を保証する遺言公正証書の登録件数は、統計が始まった
昭和46年は1万5千件止まりだったが、62年に5万件を突破。平成26年には初めて年間10万件を突破している。

ニュースへの意見

6
ひでえ娘だ
8
真面目に仕事していればいい事もあるんだな
645
昭和36年、中学卒業後宮崎県から上京し、吉川さん方で住み込みの家政婦に(給料6万)
昭和59年、吉川さん10億円超を相続 家政婦は無給に

この間、吉川さんは娘2人にたびたび金を無心される

平成14年、娘に3千万円贈与(「援助はこれが最後」とする念書)
平成15年、遺言書く「家政婦に全財産残す」
平成23年、97歳で吉川さん死去 全遺産は3千万と宝石類のみ
      娘、家政婦(68歳)を追い出し全遺産を自分のものに
      家政婦住む所を失い、着の身着のまま持ち金は5千円のみで帰郷
夫の遺産10億が28年後には3千万か
5
遺留分があるから半分だろ
14
>>5
どうやらそれもないみたいだけど。
死前にさんざんたかったからかな。
271
>>14
遺留分が無いとか有り得んw
503
>>271
生前贈与した分が遺留分から差し引かれるんよ
その対象は法定の相続人と遺言で指定された人達となる
この件は実の娘たちが生前贈与を貰ったことを証明されていて、尚且つ家政婦指定で残された遺産額と同等以上であり
「残りの遺産は家政婦に(そして生前贈与分が十分過ぎる遺留分として実の娘たちに)」という結果になる

ちなみに”生前贈与されたけれど、法定相続人でもないし遺言状でも指定されてない人”が貰った分は差し引きの対象にはならない
相続人達が文句を言っても「相続」とは関係ない所で譲られたお金なので対象外なのである
10
>介護せず資産のみに執着する実娘2人と違い、資産家女性に50年以上、献身的に仕えてきた。

www
17
>介護せず資産のみに執着する実娘2人と違い
裁判長にここまで言わせるのも相当なもんだな
31
>>17
裁判官がちょっと感情的過ぎと思えるほどだよね
でもこの方が正しい気がする
26
しかしこの女性も無給で30年も務めるとはどれだけお人好しなのか
126
>>26
どんな気持ちだったんだろうね
似たような話聞いたことあるから良くあることなんだろうか

55

この家政婦さん健気なんで、どうか幸せになって欲しい

30
娘側がたかってたのは事実のようだけど、
無給で仕えてた家政婦というのも腑に落ちないな。
48
>>30
住み込みだから、食と住は保障されてたんだろ。
住み込み家政婦してるような人だから
派手に着飾ってどこかに遊びに行く、とかもなかったんだろう
62
>>30
衣食住は保証されてたに決まってるじゃんか
もう家族だったんだよ
34
海外移住で3000万集って、「援助はこれが最後」と念書まで書かされる娘www
移住したはずなのにすぐ帰国して同居して「資産を奪われる」と第参者に言われる娘www

びっくりするくらいクズ娘だな
52
親に寄生して財産ほぼ使い果たしたクズ娘が、最後に残した金まで奪おうとしたのか
呆れ果てたクズだが、裁判費用まで娘持ちにするという判決は素晴らしいな
68
10億円超相続して三千万ぽっち?
79
>>68
基準額を超えた額は相続税で50%持っていかれるし
家の評価額が当時いくらだったかが決め手、そこからさらに30年たてば家の資産価値は0になる
あとは生活費で30年使い続けた結果、3000万円まで目減りしてたってのは特段派手な生活じゃないと思うが
133
>>68
10億相続してから亡くなるまで27年あり、その間実子2人にたかられ続けている状態なので
71
昭和36年に給与6万円?現在の給与水準で言えば100万近い高給だな
いくら住込みでも何かあるだろうこれ
103
>>71
爺さんが死んだ昭和59年に給与6万円じゃないのか?
もうちょいでバブル景気が始まる頃だろ
201
215
>>201
小学校で掛け算は苦手だったのか?
396
>>71

昭和36年の6万円は今の約24万円に相当します

一日中お世話するんだから妥当ではないでしょうか?
今のように週休二日制とかないし最悪休日は特に決められてなかったと考えられます
日曜日でも食事はしますからね
87
てか亡くなった夫婦も大概だな。それだけ頑張ってくれた家政婦さんなら普通は娘同然で嫁の世話くらい喜んでするだろうに三十八まで働かせて以降は無給かよ。三千万なら三十年分の給料より安いぞ。鬼畜な雇い主とすら言える。
164
介護職の人にも遺産の1割とかわたすようにしてもいいと思うわ。
185
>>164
そんなのダメ

介護師が人を選ぶようになる

サービスの差別化になってしまう
602
なんか、娘のせいで、人情話になってるけど、
遺産欲しくて、でてかない人っているんだよ?
他人でも居住権を主張して。

日本人はお人好しだから、
人情と法をごちゃ混ぜにする人多いけど、
分けて考えないと、大変なことになるよ?
647
今でもあるよな、一軒家じゃなくても億ションとか
昔風にいうと「ねえやの部屋」お手伝いさん用の部屋があって
もちろん風呂もトイレもキッチンも専用のがある
648
遺産でもめるのは男より圧倒的に女が多いらしい
763
>>648
男も自分の力で稼いでいる男は文句を言わない。
男でもチンピラヤクザ系の男は、妻の親の遺産にたかろうとする。

遺産で揉めるのは、自分の力で稼いでいないクズが多い
一般的に女は自分の力で稼いで生きていない女が多いから、女の方が多いように見える。
179
近所だけど、噂じゃあ娘二人は飲食店に20回以上挑戦して
すべて失敗してるらしいよ
189
>>179
飲食店なんかやらないで、アパート経営すればよかったのにね。
190
>>179
わー、知り合いになってお得意さんになりたかった
202
>>179
典型的な馬鹿娘か
親が資産持ちだと周りからそそのかされるんだよな
282
>>179
嵌められたんじゃね?
土地と新築まで世話して倒産と言うのは良くある
最近はネットの評判を元に老舗に近寄り支店建設を進め倒産って手口もあるらしい
うちの近所のうどん屋もそうなった
単価のわりに規模の大きい新店舗や、ボイラーで使われる大型の軟水装置とか買わされてた
209
死亡当日に資金移動するとは、すごい財産への執着だわな
通常、銀行預金は、どこかの銀行が死亡を知った時点で即凍結されるはずなのに
265
>>209
死亡した日には流石に凍結されないよ。
死亡届だして数日後。
だから親が死んだとき、親戚に電話したら
真っ先にカードで普通預金出せるだけ出せって言われた。
89
ずっと無給で働かせていたというから奴隷だな、婆さんは一銭も与えずにこきつかったのか
315
未婚で半世紀仕えたの?
もしかして軽い池沼なのかな?だったらご主人様は粋な計らい
335
>>315
昔のお手伝いさんは年頃になると、いろいろ縁談が来たり出したりするものだが
中には決まらない人もいてそういう人はずっとその家で女中とかになる
うちの近所にもいた。今は退職してそのうちのマンションに一人で住んでいるが。
590
普段何もやらないくせに
相続の時だけ長男を主張する
と言う話はよく聞く
651
>>590
親の面倒をすべて長男に押し付けて、死んだら均等割を請求する兄弟の話の方がよく聞くw

遺産は基本的に親の面倒を見たり、墓を相続したりする人間が貰うべきだと思う。
さらに夫の嫁が介護してきた場合は、一度も介護してこなかった実の娘より多くもらうのは当たり前。

この点、現在の遺産相続の法律がおかしい。
770
>>651
男の場合は婿を養子にして遺産残したりするが
嫁のやったことは普通無視されるな

親の側にそもそも功労に報いる気がないからどうしようもない
915
俺の知り合いの爺さんも死ぬ前に
長年世話してくれたお手伝いの女の人に
かなりの遺産あげたらしいな、良い大学
出て某大企業に勤めて東京在住の息子夫婦が
激怒してたわw でもほとんど帰省もしないで
孫とも会わせなかった息子夫婦が悪いと思うわ。
59
こういうの多いよなぁ。
うちの母の叔母姉妹も姉が障害を持つ妹を周りにバレないように長年苛めていた。
母は何かある度に障害がある妹の世話をしていて癌で入院した時も最後まで母が面倒を見た。
妹の遺言で遺産は母が全部貰ったんだが、妹を長年苛めていた姉が妹が亡くなってから1週間もしないうちに
内容証明送って来たよ。

自分がやってきた事を考えたら遺産を渡す訳ないのが分からないんだろうな。
351
>>1
相続をプチ専門にやってる税理士だけど、こういうの多いよ。
20年前に一度しか会ったことない甥っ子がドカドカ乗り込んできたり、とかよくある。
俺の父も前妻に子供がいるんだが10年以上連絡してこなかった。父が危篤の時に連絡したんだが「大事な用事がある」と駆けつけのを渋った。
母が「親の危篤より大事な用事なんかあるか!」とキレて渋々やってきたけど、ほとんど病院そばのホテルで待機。
死語にすぐ訴えてきたんだが、相手が用意してた不動産登記簿みたら取得日は父が危篤の日のだった。
病院にいないであちこち財産調査してた。
370
うちの親戚も、オレのじーさんに起業する、家を買う……とか言って
何千万も無心してきてたわ。
その都度土地を切り崩して、もう二度と金を渡さない、相続ゼロを条件に
最後の金を渡したけど、じーさんが死んだ時に遺産要求してきたもんな。
今はパチンコで生計立ててるらしいけど。
クズはどこまでいってもクズだと思ったわ。
404
最近の裁判例には珍しいほど今回の裁判官の判断は正し良いような気がする。
128
おれにも無給で働いてくれる家政婦を紹介してくれよ
573
なんか

安っぽいテレビドラマにあるような話がほんとにあるんだなあ
39
まるで2時間ドラマに出てくるような娘達だw
55
夫の死後は無給、累計50年以上、というのはただ事ではない、
普通に人生を丸ごと一緒に過ごしたようなものだ、
途中でどっか行って帰ってこない実の娘よりは、よっぽど
家族だったんだろう、普通の感覚で。