糸井重里氏「コピーライターはやめました」 「よくないものをコピーで売るなんて、やめたほうがいい」

【 コピーの意義とは? 】

ビジネスや働く人にとってのヒントをお聞きするインタビュー「異才面談」。今回は、糸井重里さん(66)です。
 ――「ほぼ日(にち)」とも呼ばれるウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」をみると、手帳やタオル、
カレーのスパイスなどのオリジナル商品を、幅広く扱っていますね。糸井さんは、売る名人なのですか。

 「売る名人じゃなくて、売れるに決まっているものをつくっています。売れるものを探し、売れるかどうか、常に自分に問いかけています」
 ――数十万部が売れている「ほぼ日手帳」は、利用者の声を集め、毎年改良を重ねているんだとか。

 「使う人に喜んでもらえるか、考え抜く。喜ぶ姿が光景として浮かびあがらない商品は、ダメですね」
 ――そこに、秀逸なキャッチコピーをつける?
 「製品ができてからお客さんの手に渡るまでは、長いドラマがある。広告屋は売るための助け舟を出すのですから、
どこかで手伝うことはできます。でも、限界を感じたのです」

 ――限界、ですか。
 「自分が薦めたい商品ならいい。でも、もっと改善できるはず、なんて思ってしまうと、納得して商品を語れない。だからコピーライターはやめました」

 ――えっ!
 「エルメスにキャッチコピーはないですよね。よいコピーをつくることと、売れるものをつくることは別。
よくないものをコピーで売るなんて、やめたほうがいい」

 ――1980年代に「おいしい生活。」といった数々の有名コピーを世に送り出した糸井さんなら、コピーだけで売ることもできそうなのに。
 「お客さんは、何が欲しいのか、わかっていないことも多い。だから、つくり手から提示する。自分に問いかけ、売れるに決まっているものを探すんです」

 ――優れたものをつくり、お客さんの喜ぶ顔が見える。それだけで、本当に売れるのですか。
 「いや、売れますよ。見せる場所さえあれば。特産品を地元で売っても、山奥に自動販売機を置くようなもの。
お客さんはいないですよね。そうではなくて、いちばん競争の激しい所で売る手段を考えればいい。
高級な宝飾品も、お店と、橋の下で段ボールに詰めて売っているのでは印象が違う。商品環境は大事です」

 ――糸井さんは東日本大震災が起きた2011年の11月、「ほぼ日」の支社を宮城県気仙沼市に設立しました。
地元の女性と協力を重ね、手編みした7万~19万円台のセーターが順番待ちと聞き、驚きました。

糸井重里のプロフィール

出身地群馬県前橋市
生年月日 1948年11月10日 現在68歳
血液型A型
最終学歴法政大学文学部中退
関連サイト→ ほぼ日刊イトイ新聞
Twitter→ Twitterアカウント

 糸井重里(いとい しげさと )は、日本のコピーライター、エッセイスト、タレント、作詞家。株式会社東京糸井重里事務所代表取締役社長。フィールズ株式会社社外取締役。妻は女優の樋口可南子。愛犬はジャック・ラッセル・テリアのブイヨン、日本モノポリー協会会長。。

略歴

 群馬県前橋市出身。生誕後に両親はすぐに離婚し、司法書士であった父親の元に引き取られ祖母に育てられる。その後、実母と再会したのは1981年だという。小学校3年の時に父親が再婚。幼少時から漫画好きで、漫画家に憧れていた。中学時代は北杜夫に熱中した。

 群馬県立前橋高等学校に入学。高校に入ると文学青年の友達ができ、アングラ文学などに目覚める。また、バンカラを気取って一本歯の下駄で学校に通った。高校1年の時にバンドを組みたくなり、お金を稼ぐためにオルガンやピアノのセールスマンの下請けとなり10台売ったという。

 知人に薦められて「宣伝会議」のコピーライター養成講座に通っているうち、1968年にデザイン事務所「サムシング」に就職。1969年に栗田工業主宰のTVCFアイディア賞で銀賞を、1971年には金賞を受賞するが、1973年に「サムシング」が倒産、そのままフリーとなる。同年、宣伝会議賞受賞。

 1975年、トーメンアパレルから発売されていたジーンズブランド「WELDGIN」の「このジャンパーの良さがわからないなんて、とうさん、あなたは不幸な人だ!」のコピーで、東京コピーライターズクラブ新人賞受賞。

 1978年、矢沢永吉の自伝本『成りあがり』の構成、編集を手掛ける。同書はベストセラーを記録した。

 1979年、沢田研二の「TOKIO」の作詞を担当。また、スナック等でちり紙やマッチなどで行う、気の効いた「芸」をまとめた著作『スナック芸大全』を刊行。自身の名義での処女出版となると共に、この年「東京糸井重里事務所」を設立。この事務所に、当時美大生でスタッフの友人であったみうらじゅんが盛んに出入りするようになり、糸井がみうらを『ガロ』編集部に紹介。みうらの漫画家デビューのきっかけを作った。



 1980年9月から、サブカルチャー雑誌『ビックリハウス』において、読書投稿ページ「ヘンタイよいこ新聞」を担当。その「意味のない面白さ」で読者を熱狂させ、若者たちの教祖的存在となる。また、『ビックリハウス』に関係していた、新進気鋭のミュージシャン、アーティストとの交際も始まる。

 西武百貨店の「不思議、大好き。」(1982)「おいしい生活」(1983)などのキャッチコピーでコピーライターとしても脚光を浴びる。仲畑貴志や川崎徹らと共に注目を集め、「コピーライター・ブーム」を呼んだ。

 1993年、女優の樋口可南子と再婚。

出典:wikipedia

92
>>1
正論だし、誠実やん。
231
>>1
>「お客さんは、何が欲しいのか、わかっていないことも多い。だから、つくり手から提示する。

スティーブ・ジョブズが言いそうだ。
6
勝手すぎワロタ
9
あまり好きな人じゃないんだけど、感性は鋭いところがあって勉強になることも多いんだよな
11
本当の需要以上に売りたいからこそ宣伝するんだよな。
品質がよければ堅実な売上は見込めるでしょ。
21
>>11
品質というよりは潜在的に欲しいと思ってたものでしょ
ただ品質のいいものってことじゃないと思う
日本の家電とか品質自体はいいわけで
28
>>21
潜在的に欲しいと思ってたもの・・・か。
確かにそうだな。

ただ「丈夫だ」とか「安い」とか「信頼のおけるブランドだ」とか
そういうものを「品質のいいもの」と定義するんじゃなくて、
自分が思い浮かべる機能や性能が価格相応に兼ね備えられているということを
価値、品質と考えて、それがきちんとしているものなら
売れる・・・ってことなんだろうね。

しっかり勉強して、能力を高めた人が、無理を言わなければ
それなりに働き口がある・・・っていうのと同じことにも思えるね。
これがただ学歴や家柄なんかだけを取り柄にして大企業に就職した奴なんかだと
大企業が廃れてリストラされたりすると、もう後がない・・・と。
31
>>11
だからもう「必要でも欲しくも無いものを煽って煽って買わせる商法」に限界を感じたってことでしょ
糸井重里はこれを認める能があるってこと
馬鹿ジャップはいつまでたってもこれを認めないから乞食ルンペンのまま
159
>>31
最後の一文がなければ最高だったのに
12
独特な頭の良さがある人
13
散々コピーライターで儲けておいてこのセリフかよwww
14
今ごろかよ
24
くうねるあそぶ
27
コピーライターは別にいいと思う、そういう商売だもん
通販番組やTVコマーシャルにやたら出て
自分が使ってない物を宣伝するタレントの方がな
37
今はバイラルマーケティングの方が重要だからな
時間掛けた製品より過剰宣伝で手抜き製品が売れてた昔の方がおかしかった
38
散々煽っといて今更何をって気もしないではないが、愛着なんか無かったがクライアントから
受けた依頼で作ったコピーとは違う、自分が手掛けた製品への愛着や品質への自信が伝わって来るような
コピーを付けてみてくれないかな。
でないとコピーライターの仕事自体が虚業って事になるよ。
45
あの埋蔵金の土地のえぐり方はすごかったな
バブルそのものの企画
56
>>45
あれは惨かったわ。

あれだけぐちゃぐちゃに掘ったら、
地層から年代推測することもできないし、
記録や実測もなしだから、後から検証もできない。

それよりも、だれかが地面を掘った形跡さえ探してなかったんだから、
むちゃくちゃとしか言いようがない。

人が掘って埋めた土は、色が黒くなるなどして、判明できるのに。
54
たとえば、凄腕営業マンが66歳になって、
自分がオススメできないものは売りたくないので引退した、
とか言い出したら、そりゃ聞いていている人は「はぁ?」って思うわな。
55
糸井重里のキャッチコピーって何?
58
>>55
道は星の数。

三菱ミラージュの、エリマケトカゲをつかった広告。
エリマケトカゲは爆発的に売れたが、クルマはサッパリだった。
145
>>55
生きろ とか
くうねるあそぶ とか
158
>>55
「今のキミはぴかぴかに光って」

あと「TOKIO(沢田研二)」の作詞が出世作
209
>>55
大人も子供もお姉さんも
239
>>55
1行100万円
59
糸井さんも埋蔵金ははじめからあるとは思ってなかった。
だだマザーの開発費が枯渇。
開発を続けるために出演料が欲しくてしぶしぶ話に乗っかってた。
当時の開発スタッフから聞いた話。
69
>>59
幕府に隠し財産があって小栗上野が関わってるなら即座に武器を買ってただろうから
埋蔵金なんか絶対に無いと確信してた俺は、糸井重里より石阪浩二が埋蔵金騒動
に加わったほうが衝撃的だった。
70
糸井が埋蔵金の実在を信じてたかどうかはまあいいけど、他の人まで巻き込んでるからなぁ
それって詐欺じゃね?って思うよね

54

実際コピーだけど売れるなんてことあるのかな?あんなもん真面目に見たことないんだが

93
消費者自体が気付いていないニーズを喚起するためにコピーを考える、
くらいの矜持は持っていたのかと思ったのに。幻滅だ。
94
言い訳がましくて醜いね

こんなことコピーライター数年で悟るわ

企業の商品なんて多くは嘘のかたまりだよね

中身を知れば人に勧めたくなるものじゃない。
98
こいつらにバカにされたくなかったら、図書館で借りて嫁。

「ブランドなんか、いらない」ナオミ・クライン
「悪魔のマーケティング」ASH
「¥999」フレデリック・ベグベデ
99
日本上陸のときに一切宣伝もせずテレビ取材も断ったスタバ
コーヒー界のアップルと銘打ってメディアで騒いだブルーボトル

スタバは来年上陸20周年
ブルーボトルはいつまで持つんでしょう
107
売れっ子のまま自殺したCMディレクターの杉山登志氏は、こんな遺書を残しました。

『リッチでないのに、リッチな世界などわかりません   
 ハッピーでないのに、ハッピーな世界などえがけません 
「夢」がないのに、「夢」をうることなどは・・・とても 
 嘘をついてもばれるものです』      
116
ライターとコピーライターの境目も
曖昧にしか理解されていない
世の中になってるからなぁ。


>>107
その言葉を、彼の自殺を報じる新聞記事で見た時は、
衝撃的だった。
その真理ともいえる言葉は、今も心の中にある。
110
「コピーライター」という言葉を世間一般に認知させた功績は認めますが
この人は「糸井重里」って名前有きでプランナーであって
純粋にコピーライターとしての資質は・・??だと感じます
113
そりゃ広告なんてインチキだからなあ。ただ今頃お前が言うなって感じだけど。
個人個人がメディアリテラシーを持たないと。
125
「コピーライターやめました」というコピーだな

広告乙
142
偉い
よく言った
電通的マーケティング術が
空っぽな商品を包装だけで売ってしまう
さらに芸能人という売り子をいかに雇える資金力あるかで大抵勝敗は決する
そこまでならまだいい
この結果作る側まで宣伝しやすいもしか作れなくなった
安易な漫画原作の乱造はそのせい
156
>>142
>>空っぽな商品を包装だけで売ってしまう

たとえば、最近、どんな商品があった?
160
>>156
富士山の空気の缶詰
152
じゃあそうやって騙して稼いだ金返せよ
もしくは資産すべて福島に寄付したら漢として認めてやる
179
広告宣伝の仕事は精神的につらいだろうな
嘘つきまくりの人生なんて俺は無理
186
人生の上がりが見えてきた奴がよく使う手口
今まで散々そこで糧を得てきて最後はこれだよ

マスゴミ関係者に多いな
昔はそうだと思ってたとかいいながら上がりが決まったら
やんわり批判しながら次の自分の位置を確保する
194
糸井重里って

古くは、おいしい生活
あとは、もののけ姫の生きろ
位しか思い浮かばんな
197
>>194
一番有名なのは多分、

中国4千年の歴史
233
>>197
>一番有名なのは多分、
>中国4千年の歴史

やっぱり天才だなw
彼から始まったのか このフレーズは
199
この人の仕事って遊びの延長みたいなもんだよね
埋蔵金探しもそうだしこんなことばっかりやってても
食っていけるんだから羨ましい