関東鉄道常総線が運転見合わせ 新取手駅付近の踏切から車両が線路に立ち入り → 運転再開 11/19

 茨城県取手市で71歳の女性が運転する軽乗用車が誤って線路に進入し、列車が運行を見合わせるトラブルがありました。

 19日午後6時半前、茨城県取手市の関東鉄道常総線・新取手駅近くで、「間違えて線路の中を走ってしまった」と110番通報がありました。

 警察が駆けつけたところ、線路上で取手市に住む71歳の女性が運転する軽乗用車が立ち往生しているのが見つかりました。

 警察によりますと、軽乗用車は近くの踏切から誤って線路内に進入し、およそ50メートル走ったところで立ち往生したということです。

 けが人は出ていませんが、関東鉄道常総線は午後6時半ごろからおよそ1時間にわたって上下線ともに運転を見合わせました。警察は女性から当時の状況を聞いています。

出典: TBS