横浜市港南区大久保の上大岡駅近くで小学生の列に車が突っ込む事故が発生 男児1人が心肺停止

28日午前8時すぎ、横浜市で路線バスや軽トラックなど合わせて3台が絡む事故があり、はずみで軽トラックが登校中の小学生の列に突っ込みました。警察によりますと、男の子1人が心肺停止の状態で、ほかにも少なくとも5人がけがをしているということで、警察が詳しい事故の状況を調べています。

28日午前8時すぎ、横浜市港南区大久保で、路線バスと軽乗用車、それに軽トラックの合わせて3台が絡む事故があり、はずみで軽トラックが登校中の小学生の列に突っ込みました。
警察によりますと、この事故で男の子1人が心肺停止の状態になっているということです。また、ほかにも少なくとも5人がけがをしているということです。
現場は、京浜急行や横浜市営地下鉄の上大岡駅から西に300メートルほど離れた住宅街の中を通る一方通行の道路で、警察が事故の状況を詳しく調べています。
京浜急行バスによりますと、事故に遭ったのは路線バスで、当時は大久保町停留所に停車していたということです。そして、後ろにいた軽自動車に軽トラックが突っ込み、そのはずみでバスの後部に軽自動車が衝突したということです。バス会社によりますと、バスの乗客や運転手にけがはなかったということです。

事故現場のすぐ近くに住む60代の女性は「テレビを見ていたら、ドーンと大きい音がして、外に出ると、軽トラックが横倒しになっていました。足を引きずっている男の子と、ぐったりしている男の子が搬送されていくのが見えました」と話していました。 また、現場近くで事故を目撃したという73歳の男性は「『ドーン』という大きな音がして、外を見ると、路線バスと乗用車が衝突し、さらに後続の軽トラックもぶつかっていた。この事故で男の子の1人が救急車で搬送された。路線バスはバス停に停止していたようだった」と話していました。

事故に遭った児童らが通っていたのは横浜市立桜岡小学校で、事故現場から北におよそ500メートルの場所にあります。小学校の松本未紀副校長は「子どもたちは集団登校をしていた時に事故に遭ったと聞いている。現在、情報収集にあたっているが、詳しい状況はわからない」と話しています。

出典:NHK