JR香椎線・須恵中央~新原駅間で線路陥没が見つかり遅延 12/2

 2日午前11時40分ごろ、福岡県須恵町のJR香椎線、須恵中央駅―新原(しんばる)駅間で、線路から約1・7メートル離れた部分が陥没しているのが見つかった。JR九州によると、穴は長さ約0・6メートル、幅約0・3メートル、深さ約1・6メートル。けが人はいないという。香椎線の香椎駅―宇美駅間で、一時上下線ともに運転を見合わせたが、午後1時15分に再開した。

 陥没はJR九州のグループ会社員が同日午前、線路を巡回している最中に見つけ、連絡した。香椎線は単線で、同社は穴を埋め戻す作業を進めるとともに、なぜ陥没が発生したのか原因を詳しく調べている。

 現場は住宅街の一角で、付近ではヘルメットを着けた作業員らが、復旧に向けた作業を行っていた。

出典: 朝日新聞