羽田空港近くでバスが事故 1/30

 30日午後、東京・大田区の羽田空港近くの交差点で、全日空の乗員などを乗せる業務用のバスが信号機が設置されている柱に衝突し、男性3人が病院に運ばれました。
 大破したバスの車体。信号機の柱が根元から折れ、バスの下敷きになっています。30日午後1時半すぎ、大田区の羽田空港近くの環状8号線の交差点で、「バスが大破している」とバスに乗っていた男性から通報がありました。バスは信号機の柱に衝突して停まっていました。  
 このバスは、全日空の乗員などを航空機まで乗せる業務用のバスで、事故当時、男性運転手のほかに男性2人が乗っていて、3人とも病院に運ばれましたが、命に別状はないということです。  
 警視庁は、運転手が何らかの理由で運転操作を誤ったとみて、事故の原因を調べています。現場は、羽田空港の国際線ターミナル近くの見通しの良い直線道路です。

出典:TBS