京都市・千本北大路付近の住宅街で親子2人が刃物を持った男に切りつけられる事件 小西威規(27)を逮捕

 29日夜、京都市北区の住宅街で、40歳の女性と6歳の息子の親子2人が刃物のようなもので切りつけられました。現場の近くには刃物を持った男がいて、警察官が拳銃を発砲してその場で逮捕しましたが、親子のほか、逮捕された男はいずれも命に別状はないということです。  

 29日夜7時すぎ、京都市北区衣笠東開キ町の路上で刃物を持った男が歩いていると、警察に通報がありました。警察によりますと、男は、駆けつけた警察官の指示に従わず、刃物を離さなかったことから、警察官は男に拳銃を発砲したということです。

 男は、銃刀法違反の疑いでその場で逮捕されましたが、けがをして病院で手当てを受けています。現場の近くには40歳の女性と6歳の息子の親子2人が刃物のようなもので切りつけられてけがをして、病院に運ばれて手当てを受けています。

 警察や消防によりますと、親子2人と逮捕された男はいずれも命に別状はないということです。警察で詳しい状況を調べています。

 現場は、京都市北部にある「千本北大路」と呼ばれる交差点の北西側で、大学や住宅などが建ち並ぶ地域です。

 現場近くに住む女性は、「外で騒いでいる声が聞こえたので、自宅の窓から外をのぞいたら、ナイフのようなものを持った男が暴れているのが見えた。駆けつけた警察官が男に刃物を捨てるよう呼びかけながら、近くを通りかかった人に現場に近づかないように指示していた。その後、男は北の方向へ逃げ姿が見えなくなった。拳銃を発砲したような音が3回くらい聞こえた」と話していました。

出典:NHK

 29日午後7時10分ごろ、京都市北区鷹峰旧土居町の住宅街で、母親(40)と一緒にいた男児(5)がナイフを持った男に襲われた。駆け付けた警察官が刃物を捨てるように警告したが、従わずに向かってきたため、30代の巡査部長が威嚇を含め5発発砲した。

 京都府警によると、男児は頭や腹などを複数切りつけられ、男も両脚に弾丸4発を受けて病院に搬送されたが、いずれも命に別条はない。北署は銃刀法違反と公務執行妨害の疑いで、京都市北区の無職小西威規容疑者(27)を現行犯逮捕した。

 小西容疑者は統合失調症で通院歴があると話している。

出典:上毛新聞