山口県下松市で導水トンネル工事作業員が体調不良で倒れる事故 一酸化炭素中毒の可能性

16日正午すぎ、山口県下松市の工業用水のためのトンネルの工事現場で、作業員8人が体調不良を訴えて倒れたと通報がありました。このうち5人は病院に運ばれいずれも意識があるということですが、ほかの3人はトンネル内に取り残されているということで、警察と消防が救助活動にあたっています。

16日正午すぎ、山口県下松市の工業用水のためのトンネルの工事現場で、作業員8人が体調不良を訴えて倒れたと消防に通報がありました。

警察や消防が現場に駆けつけ、これまでに5人が救助されて病院に運ばれました。いずれも意識はあるということです。

残る3人は今もトンネル内に取り残されているということで、警察と消防が救助活動にあたっています。

工事を発注した山口県によりますと、現場では14日から工業用水を通すトンネルの補修が行われていて、倒れた8人は当時、トンネルの中で作業をしていたということです。

消防によりますと、トンネルの中を調べたところ一酸化炭素の濃度が高い状態だったということです。

警察と消防が当時の詳しい状況を調べています。

出典:NHK