熊本、長崎など九州各地で大雨で冠水被害も発生

 大気の状態が非常に不安定になっているため、長崎県では局地的に100ミリを超える猛烈な雨が降りました。九州北部には発達した雨雲がかかり続けていて、気象庁は、土砂災害や川の急な増水低い土地の浸水に厳重に警戒するよう呼びかけています。

 気象庁によりますと、前線の影響で九州では大気の状態が非常に不安定になっていて、急激に発達した雨雲が北部を中心にかかり続けています。

 長崎県雲仙岳では、午後10時10分までの1時間に115ミリの猛烈な雨が降り、気象庁は災害の危険が迫っているとして記録的短時間大雨情報を発表しました。

 また、長崎県平戸市でも午後9時10分ごろまでの1時間に88ミリの猛烈な雨が降りました。

 九州では、18日の降り始めからの雨量が各地で300ミリを超え、熊本県と佐賀県、福岡県それに長崎県では土砂災害の危険性が非常に高まり土砂災害警戒情報が発表されている地域があります。

 21日にかけて前線に沿って低気圧が通過するため、西日本や東日本では局地的に雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

 21日夕方までに降る雨の量は、いずれも多いところで、九州と四国で150ミリ、中国地方と近畿で120ミリ、東海と関東甲信で100ミリと予想されています。

 気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水に厳重に警戒するとともに、落雷や竜巻などの突風、それにひょうなどにも十分、注意するよう呼びかけています。

出典:NHK