マツコの知らない世界に小室哲哉が出演 1/10

 音楽プロデューサーの小室哲哉(58)が10日放送のTBS系バラエティー番組「マツコの知らない世界」(火曜・後8時57分)に出演し、 自身がプロデュースしたアーティストが席巻した1990年代の音楽シーンを振り返った。

ヒット曲を次々と生み出した小室は、trfでダンサーを起用することでテレビの音楽番組のカメラ割りの常識を覆したほか、 安室奈美恵の「SWEET 19 BLUES」ではジャケットを4パターン製作するなど、これまでにはない挑戦をした。

小室は「好かれる声もあるんですけれど、極力(万人に)嫌われない声の歌手を選んでいた」として、
「がんばればそこ(歌手の世界)にいけるんじゃないか?」と誰もが思えるように、歌手に対しも「(ビブラートなど)うまく歌う部分は止めてもらったりして」いたと明かした。

バブル崩壊後の日本の音楽シーンを席巻した小室だったが「これほどやられた感はない」と思わせたアーティストが98年末にブレークした。
当時15歳の“帰国子女”宇多田ヒカル(33)だった。小室は「Automatic」を聞き、プロモーションビデオを見て「新しいな! と思った」と明かし

「アメリカで生まれたときから英語と聞いて、これはかなわないな(笑)。最初の『Automatic』? 何がAutomaticなのかな? 何回か歌詞を追っても分からない。 何が自動なんだろう?」と笑い話も交えながら自身が受けた衝撃の大きさを表現。

そして「作詞の概念も変えられてしまった。僕には『Automatic』というのが出てこなかったんで、出ないってこと自体、クリエーター側からすると『出てこないんだ…。 自分は…』となるんですよ。詞のはめ方とか、ラジオをやっているときのしゃべり方から何から何まで自由で、いいなぁ、うらやましいなぁ。こんな好きにしゃべっていいんだ。 この業界で大人になってから、これほどやられた感はない」と当時のことを話していた。

出典:スポーツ報知

写真

小室哲哉のプロフィール

出身地東京都府中市
生年月日1958年11月27日 現在58歳
身長167cm
関連サイト→ 公式サイト
Twitter→ Twitterアカウント
facebook→ facebookアカウント
Instagram→ インスタグラム アカウント

 小室哲哉(こむろ てつや )は、日本のミュージシャンで、音楽プロデューサー。東京多摩振興 特命 武蔵国 府中大使。元尚美学園大学芸術情報学部教授。妻はglobeのボーカルのkeiko。

 3歳から東京芸術大学教授の下でヴァイオリンのレッスンを始めて、音感のベースを学ぶ。小学生の頃から既にクラシックのインストゥルメンタルの楽曲を作っていた[

 家にあったギター・ヴァイオリン・エレクトーンを家族に無断で売り、当時16万円以上したというシンセサイザー「ローランドSH1000」を購入した。渡辺美里の「きみに会えて」「BELIEVE」「嵐ヶ丘」「I wish」・TM NETWORKの「Here, There & Everywhere (冬の神話)」等後に提供する楽曲の雛型約20曲をその頃に作曲したという。

 早稲田大学社会科学部に進学し5年ほど在籍、在学中にプロ・ミュージシャンとしての活動を開始する(哀婉・あのねのね、白竜、原田真二等のバックバンド(キーボードを担当)、SPEEDWAYへの参加等)。その後、音楽活動に没頭し、授業料を楽器代に使い廻していた為に単位が取れず除籍となる。

 自身の音楽ユニットであるTM NETWORKと並行して、三浦徳子の勧めで渡辺美里をはじめ、岡田有希子、荻野目洋子などに楽曲を提供。

 1986年に渡辺美里へ提供した「My Revolution」が、第28回日本レコード大賞金賞。

 TM NETWORKは、1987年に発表した「Get Wild」で一躍人気バンドとなり、1988年には第39回NHK紅白歌合戦に出場。


 1994年のTMN終了前後から、観月ありさ、篠原涼子、trf、hitomi、内田有紀、H Jungle with t、dos、globe、華原朋美、安室奈美恵など、多数の作詞、作曲、編曲と音楽プロデュースを兼任して行った。1994年から1999年の間に数々のミリオンセラーやヒット曲を打ち立て、各メディアにおいて「小室ファミリー」、「小室サウンド」、「小室系」といった名称でカテゴライズされる少年時代からの夢だった小室ブームという社会現象を起こした。

 1999年には“非 小室系”のJ-POPアーティスト(宇多田ヒカル・倉木麻衣・浜崎あゆみ・モーニング娘。・MISIA・GLAY・Dragon Ash・DA PUMP・SPEED・椎名林檎・L’Arc〜en〜Cielなど)のCDがヒットチャートの中心となり、小室プロデュースのCD売り上げに急ブレーキがかかり、栄華を極めた小室時代が終焉。

出典:wikipedia

ニュースへの意見

174
宇多田はすごいってより

え?15歳で作詞作曲?すごい!
え?R&B?なんかかっこいい!!
え?宇多田ひかるってすごいの?すごい!!!
え?なんか天井低い!

こんな感じに広まった感じだわ
5
やられた感も何も宇多田が出た頃の小室はやる気のない曲しか作ってなかった
9
俺もずっと思ってたわ
ないが自動やねんって
23
もうこのころって、リミックスだのリプロダクトだの言って、
過去の遺産をアレンジしただけのクソ曲ばっかしだったやん。
もはや何も思いつかないってところで宇多田がトドメを刺したって感じ。
107
>>23
追い込まれてた時期って言ってた
32
get wildとself controlは中学のころ何万回も聞いた
高校受験はさっぱりだった
45
その宇多田が好きな邦楽の曲は Get Wildだから奇妙な関係だな

小室ブームのヒット曲連発は凄かったけど、それ以前のTM終了以前の
楽曲提供曲も好き
58
定期的にこの話題出るけど宇多田ももう枯れてるやろっていう
71
>>58
いくら小室でも今の枯れかけの宇多田ヒカルを褒めてるわけではない
あくまで出始めの世間に衝撃を与えてた頃の宇多田の話だ
72
小室を終わらせたのが宇多田だとしたら
小室が出てきて終わらせた歌手は誰になるんだ?
74
>>72
チャゲアス
これホントわりとマジで
85
>>72
チャート的に言えば、米米CLUBとかプリプリとかの正統派バンドは消えたと思う
バンド系で残ったのはミスチルやスピッツみたいなメッセージ系かXやGLAYみたいなビジュアル系
143
>>72
ビーイング系の影が薄くなった
838
>>72
松田聖子のオリコン連続初登場1位記録を止めたのが小室
94
宇多田の登場で、アサヤンの企画は完全に潰れたと思った。

21世紀を代表する歌姫オーディションを小室哲哉がプロデュースという企画だった。

小室ブームも下火だったけど、それでもdos、鈴木亜美と持ちこたえてたけど、この企画煽りすぎて、オーディションも長かったし、受かってからのアメリカ修行も長かった。

戻っていよいよ日本デビューの頃には、日本では宇多田ブーム。

小林幸恵が気の毒でならなかった。。

同じアサヤン出身でも、まだ平家みちよのがいいくらい。
111
小室哲哉は90年代に、
「僕がやっているのは、ダンスミュージックとカラオケの融合なんですよ。
だから、みんなが歌えるメロディーじゃなくてはいけないんです。」
と言っていた。
カラオケで歌われれば作曲者印税が収入源になる。

しかし、その「わかりやすい」メロディーが人々に飽きられたのだと思う。
150
つんくも宇多田ヒカルにやられたって言ってたよね

音楽業界ではかなりの新生だったんだな
154
>>150
宇多田が音楽業界をまるごと変えたとかわりと音楽関係者はよく言ってる
203
日本の音楽を急速に進化させたのは何だかんだ言って小室だと思うよ
歌中心の歌謡曲から
リズム系の音楽を主流にしたのは小室だろ
小室がヒット曲量産する前って
チャゲアスや高橋ジョージのロードが売れてた時代だぞw
211
>>203
年代のせいかも知れないけど結局今でもたまに聞いていいと思うのは80年代とかの歌謡曲なんだけどな
206
今の時代だと宇多田みたいな超新生いないんだよな
213
>>206
さすがに時代が違いすぎるべ
もう音楽なんてどこかで聞いたことあるような曲しかないしCD売れないんだから
331
小室の曲はいいんだけど売れ線に取り付かれてる感
才能とか進化とかじゃなくて書かされてたんだろうな
「あんなに自由でいいんだ」にものすごく納得できた
496
       
■Mステ 街の人に聞いた 「2016年のヒット曲」 ランキング BEST 10

1位 PPAP/ピコ太郎
2位 恋/星野源
3位 前前前世/RADWIMPS
4位 世界に一つだけの花/SMAP
5位 Hero/安室奈美恵
6位 花束を君に/宇多田ヒカル
7位 海の声/桐谷健太
8位 365日の紙飛行機/AKB48
9位 PERFECT HUMAN/RADIO FISH
10位 サイレントマジョリティー/欅坂46
       
499
>>496
見事にゴミ曲ばかりだな
511
>>496
ヒット曲というか単に露出多い曲だな
バラエティのゴリ推しかドラマCMの主題歌ばかり
549
宇多田はデビューの戦略が見事に成功した
当時は幻の歌手扱いだった
575
>>549
初めてテレビに出たときの眉毛にびっくりした記憶
568
この番組はほんとに面白く興味深く見たよ。
小室さんのホントに純な作家ぶり、善良と言っていい人間性がにじみ出てた
金の問題で大きく失敗したし、一時期すごく派手な金遣いしてたのは事実だけどこれ、レコード会社とか取り巻きの人間が相当悪い連中だったんだろうなと確信が持てた
まわりが結構「オラオラ」な感じだったのはわかるわあ「天下取るみたいな感じだったっすね・・・」って軽く言ってたけど
みんなが寄ってたかって小室さんの才にタカって食いつぶしたんだろうな
ずっと変わらず純で朴訥で糞真面目な働き者の音楽少年なんだよね
朋ちゃんのこととか今嫁のこととかも歌手として冷静に分析的に見てたしその見方はやっぱすごいね。シャープだ
90年代を代表する文化人だし天才なのは間違いないよ
 
585
>>568
実際会った事あるが、金の使い方は今でも凄いんじゃないかな。
まあ昔程ってわけではないだろうけど。
622
>>568
この番組では言って無かったと思うけど新作を作っても「○○(小室の過去作)みたいな感じでお願いしますよ」って自由に作れなくなって苦しんだとも言ってたからな。
629
譜割り自体は普通だが、前後の単語を巻き込んだのは珍しかった
こういうのって字余り字足らずを認めるようなもんだし
感覚カッチカチだとできない
771
この人けっこう人のことほめるよな
飛鳥は国宝級だとか
稲葉のキレはすごいとか
ミスチル桜井君達に負けないように頑張ったとか
782
>>771
プロデューサーって割とそういう所ある
800
今思うと邦楽が終わったのは秋元やジャニーズのせいなのかも
小室も滅茶苦茶売れてたが今ほど猫も杓子も秋元ジャニって程独占状態じゃなかったんだよな
12
いったいこいつは何回同じこと言うねん
657
>>12
それだけ自分は終わったと思った衝撃がすごかったんだろう