近鉄奈良線が車両故障のため大幅に遅延 10/31

 31日午前6時37分ごろ、奈良市の近鉄奈良線富雄駅を出発した大和西大寺発大阪難波行きの上り準急電車(6両編成)の運転士が、加速の鈍さを感じて運転を中止した。係員が車両を点検したところ、電車が完全に動かなくなったが、後続の特急電車と連結して午前7時19分に運転を再開。

 近鉄奈良線は約40分間にわたって大和西大寺―東生駒間で運転を見合わせたが、乗客1200人にけがはなかったという。近鉄が原因を調べている。

出典:朝日新聞