アメリカ東部のニュージャージー州のホーボーケン駅で列車が駅に突っ込む事故が発生 

 【ニューヨーク時事】米東部ニュージャージー州のホーボーケン駅で29日午前(日本時間同日夜)、通勤列車が駅に突っ込む事故が発生した。

 ABCテレビによると、約100人が負傷したとの情報がある。

 ホーボーケン駅には複数の路線が乗り入れている。米テレビが伝えた映像では、ホームに列車が乗り上げ、駅施設が大きく損傷している。ABCは車両内に乗客が閉じ込められている恐れがあると報じた。目撃情報によれば、列車は車止めに衝突したという。 

出典: 時事通信

 29日朝(日本時間29日夜)、アメリカ東部のニュージャージー州にある鉄道の駅で、通勤列車が駅舎に突っ込み、アメリカの複数のメディアは100人以上のけが人が出ていると伝えています。

 29日朝、アメリカ東部ニュージャージー州のホーボーケンにある鉄道の駅で、通勤列車が駅舎に突っ込みました。  アメリカの複数のメディアは、この事故で100人以上のけが人が出ていると伝えています。また列車の中には多くの乗客が取り残されているということです。

 ツイッターに投稿された写真では、駅舎の一部が壊れるなどの被害が出ている様子が写されています。また現地からの映像によりますと、現場の駅周辺には消防や警察の多くの車両が到着していて規制線が張られている様子が確認できます。

 ホーボーケン駅はニューヨーク市からおよそ11キロのところにあり、事故があった鉄道会社のホームページによりますと、ホーボーケン駅にはニュージャージー州とニューヨーク市内を結ぶ列車が乗り入れているということです。

 ホーボーケン駅では2011年にも、列車が十分に減速できないまま駅構内の車止めに衝突して乗客乗員およそ80人のうち42人がけがをする事故が起きています。

出典: NHK

 米東部ニュージャージー州のホーボーケン駅で29日朝(日本時間同日夜)、列車が駅舎に突っ込む事故が起きた。米NBCテレビなどによると、少なくとも3人が死亡、75人以上が負傷し、複数の乗客が列車内に閉じ込められている。

 ホーボーケン駅は複数の路線が乗り入れる終着駅になっている。AP通信などが伝えた目撃情報では、列車は車止めに衝突した後、そのまま駅舎内に突っ込んだ。多くの乗客が血を流しており、救助活動が進められている。事故が発生したのは通勤ラッシュの時間帯で、特に先頭車両と2両目が乗客で混雑していたという。

 米CNNのテレビ映像によると、列車が駅構内に乗り上げ、天井などが地面に崩れ落ちている。

 ホーボーケン駅はハドソン川を挟んでニューヨーク市の対岸にある。米メディアによると、バスやフェリーへの乗り継ぎ駅になっており、1日の乗降客は約5万人いる。

出典:毎日新聞