新座市野火止で火事・火災が発生 川越街道付近 10/12

12日午後、埼玉県新座市にある東京電力の関係施設から煙が上がり、消防が消火活動にあたっています。NHKが付近に設置したロボットカメラの映像では、黒い煙が上空に上がっている様子が確認でき、警察や消防が火が出た原因を調べています。

12日午後2時50分ごろ、埼玉県新座市野火止にある東京電力の関係施設から煙が上がっているということです。

NHKが東京・練馬区に設置したロボットカメラの映像では、黒い煙が上空に上がり、風に流されている様子が確認できます。

新座市によりますと、現場では、道路の下にある送電線が焼け、通気口から激しい煙が出ているということです。これまでのところ、けが人などの情報は入っていないということで、新座市は、現地に職員を出して激しい煙によって市民生活などに影響ないかどうか調べています。警察や消防が火が出た原因を調べています。

出典: NHK

12日午後、東京都内の広い範囲で一時およそ35万戸が停電しました。 この停電の前に埼玉県新座市にある東京電力の関係施設で送電線のケーブルが燃える火災が起きており、東京電力はこの施設で起きたトラブルが原因と見て調べています。

東京電力によりますと、12日午後3時半ごろから東京の中央区、港区、千代田区それに豊島区を中心に停電が発生し、停電の戸数は一時、35万戸にのぼりました。

東京電力によりますと送電ルートを変えるシステムによって、停電は午後4時25分ごろ、復旧したということです。

これより前の午後2時50分ごろには、埼玉県新座市にある東京電力の地下の無人の施設で火災が起き、通気口から激しく黒い煙が上がりました。

東京電力によりますと、この施設には、新座市の変電所と東京・豊島区の変電所をつなぐ送電線のケーブルがあり、何らかの原因でケーブルを覆う絶縁体が破損し火災が発生したということで、この施設で起きたトラブルが原因と見て詳しく調べています。

東京電力ではケーブルを覆う絶縁体に油が使われていることから、この油に引火して豊島区の変電所につながるケーブルだけでなく、隣接して敷設されている練馬区の変電所につながるケーブルにも被害が広がったのではないかとしています。

警察などによりますと、これまでのところ、けが人などの情報は、入っていないということです。

出典: NHK

12日午後、埼玉県新座市にある東京電力の地下の施設で火事があり、通気口から一時、黒い煙が激しく立ち上りましたが火はおよそ4時間後にほぼ消し止められました。地下の施設には、新座市の変電所と東京都内の複数の変電所とをつなぐ送電線のケーブルがあり、警察などが火が出た原因を調べています。

12日午後2時55分ごろ、埼玉県新座市野火止で「地面から煙が出ている。『ボン』という爆発音がした」と通りかかった男性から警察に通報がありました。

警察と消防が確認したところ、国道254号線沿いにある東京電力の送電線のケーブルを通す地下施設の通気口から、炎とともに黒い煙が激しく立ち上っていました。

消防車10台が出て放水するとともに、地下の施設に大量のドライアイスを入れて消火活動を続けた結果、火は、およそ4時間後の午後6時40分にほぼ消し止められました。

東京電力によりますと、この地下の施設は「新座洞道新道26号」と呼ばれ新座市にある新座変電所と、東京・豊島区や練馬区にある変電所とをつなぐ送電線のケーブルがあり、火災を知らせる警報が鳴ったということです。

この火事で、現場近くにある高齢者向けの集合住宅に煙が入り込み、住民58人が建物の1階に一時、避難したということです。

警察によりますと、これまでのところけが人の情報はなく、付近の建物などへの延焼もないということです。

警察などが火が出た状況や原因を詳しく調べています

出典: NHK

現場付近の地図・場所