沖縄自動車道下りがバス炎上のため西原IC→北中城IC間で通行止め→大渋滞

 22日昼過ぎ、沖縄県の高速道路で大型バスから突然出火した。けが人はいなかったが、車体は丸焦げになっていて、警察などが出火原因を調べている。

 警察によると22日午後2時頃、沖縄県中城村の沖縄自動車道で、走行中の大型バスのエンジン付近から突然、火が出た。運転手がバスを路肩に止め、消防などが消火活動を行い、火は約2時間半後に消し止められたが、車体は丸焦げになった。

 バスには運転手1人が乗っていて、けが人はいなかった。警察は出火原因を調べている。

出典:日テレ