講談社元副編集長で韓国籍の朴鐘顕を妻殺害の容疑で逮捕

 去年8月、東京・文京区の住宅で38歳の女性が死亡しているのが見つかった事件で、警視庁は夫で大手出版社・講談社の元編集長の41歳の男を逮捕した。

 殺人の疑いで逮捕されたのは文京区千駄木に住む大手出版社・講談社の社員でマンガ雑誌元編集長の韓国籍、朴鐘顕容疑者。警視庁によると朴容疑者は去年8月、自宅で妻の佳菜子さんの首を腕で絞めて窒息させ、殺害した疑いが持たれている。佳菜子さんは当時、階段下で死亡しており、朴容疑者は事件当時、「妻は階段から落ちた」などと警察に説明していたが、司法解剖の結果、窒息の疑いがあることがわかり警視庁が捜査していた。

 その後の検証の結果、自宅に第三者が侵入した形跡がないほか、1階の部屋から佳菜子さんの尿反応などが見つかったため、朴容疑者が殺意を持って首を絞めたと判断したという。

 朴容疑者は大手出版社・講談社の編集者として、週刊少年マガジン副編集長や別冊マガジン編集長などを担当していた。

出典:日テレ

 東京都文京区の住宅で昨年8月、住人の女性が死亡する事件があり、警視庁は10日午後、女性の夫で講談社の編集次長、朴鐘顕(ぱくちょんひょん)容疑者(41)を殺人容疑で逮捕した。捜査関係者が明らかにした。朴容疑者は「週刊少年マガジン」の副編集長などを担当し、人気漫画「進撃の巨人」にも関わってきた。

 死亡したのは文京区千駄木1丁目の主婦、朴佳菜子さん(当時38)。捜査関係者によると、朴容疑者の逮捕容疑は昨年8月9日未明、自宅内で、妻の佳菜子さんを殺害したというもの。朴容疑者は同庁の任意の調べに対し、「帰宅後、妻と会話をした。子どもの様子を見に行って戻ったら妻が自殺していた」などと説明していた。

 事件は9日午前2時50分ごろ、朴容疑者が「妻が自殺している」と119番通報して発覚。佳菜子さんは自宅玄関近くの階段の下で、心肺停止の状態で倒れていた。死因は窒息死で、首には絞められたような痕もわずかに確認されたという。一家は夫婦と4人の子どもの6人家族で、当時は全員が自宅にいた。

 警視庁は、事件か自殺の両面で捜査を開始。佳菜子さんに自殺する動機がなく、司法解剖の結果などから朴容疑者が関与した疑いが強いと判断し、強制捜査に踏み切ることにした。

 逮捕を受け、講談社は10日、「本人は無実を主張しており、捜査の推移を見守りたい」とコメントした。

 朴容疑者は事件後の昨年8月、朝日新聞の取材に対して「警察の捜査に支障が出るので、一切コメント出来ない」と話していた。

出典:朝日新聞

大ベストセラー漫画「進撃の巨人」(講談社)を立ち上げたカリスマ編集長A氏(41)の妻が、変死を遂げていたことが「週刊文春」の取材により明らかになった。A氏は警察の事情聴取を受けているという。

「進撃の巨人」は2009年、A氏が編集長(講談社での呼称は「編集班長」)として立ち上げた「別冊少年マガジン」で、創刊と同時にスタートした作品。昨年12月に刊行された同作の最新単行本は初版202万部で、累計発行部数は6千万部を突破した。講談社関係者は「いまや社の業績を支える屋台骨。無名の若手で実績の無かった諫山創さんの起用を決断し、『進撃の巨人』を世に送り出したAさんのセンスは並外れていると言わざるを得ません。社内では畏敬の念を込めて“鬼才”と呼ぶ人もいるくらいです」と話す。

そんなA氏の妻が16年8月9日、自宅で心肺停止状態で発見された。午前2時50分頃、A氏が119番通報している。「女性は病院に搬送されましたが、約1時間後に亡くなりました。38歳でした。玄関近くにある階段の下で、部屋着姿のまま倒れていたそうです。額に擦り傷が数カ所あったのですが、致命傷はなかった」(社会部記者)

A氏は、警察に対して「自殺だと思う」と説明していたが、警察は当初から事件性を疑っていた。発生から5カ月、捜査は水面下で慎重に進められ、複数の監察医による所見で、「事故ではなく、他殺と判断して矛盾はない」との結論に達したという。捜査関係者は週刊文春の取材に対し、「つまり夫が首を絞めた上で階段から突き落とした疑いがあるということです。捜査は大詰めの段階に来ています」と答えた。

講談社に事実確認を求めると、広報室を通じて〈事件性の有無等について現段階でお答えできません。(A氏に)聞き取りはしております。その内容についてはお答えできません。事態の推移を見守りつつ慎重に対応してまいります〉と回答。

A氏への直撃取材の内容も含め、詳しくは1月11日(水)発売の「週刊文春」で報じる。

出典:週刊文春

引用元:【社会】「進撃の巨人」生みの親、別冊少年マガジン元編集長A氏の妻が怪死…警察はA氏による殺害を視野に捜査

ニュースへの意見

5
ここまで書いちゃうってことはそういうことなんだな。
6
進撃の巨人って途中から一気に減速したね
254
>>6
また面白くなって来てる
あと5巻くらいで終わる
54
有能なのは「担当編集」なんじゃなかった?
編集長は単に連載許可しただけでしょ
73
>>54
新人を採用するかどうかは編集長が決める。
内容も指示することは多い。
182
逮捕か
195
テロップ出たけど
200
速報でたわ、逮捕だって
51
別冊少年マガジン初代編集班長
朴鐘顕(ぱくちょんひん)

これはあかん
388
>>51
おいおいデマかと思いきやマジかいや

別冊少年マガジン

歴代班長

朴鐘顕:2009年10月号(2009年10月1日発行、1巻1号通巻1号、創刊号)
       - 2013年7月号(2013年7月1日発行、5巻7号通巻46号)
289
NHKも来たから事実だな韓国籍の朴
329





韓国籍…。(ノ∀`)アチャー
335
韓国人ってわかったとたん
たくさんやってきて
スレが伸びそうな予感しかしないw
366
進撃のアニメ2期ってもうすぐ始まるんじゃなかったっけ。
作者が捕まったわけじゃないから それほど問題はなさそうだが
368
文春にすっぱ抜かれて慌てて逮捕状でも取ったの?
408
>>368
逆じゃないかな
警察から予定をリークしてもらって逮捕に合わせて記事にしたんでしょ
逮捕前に出せる内容じゃないもの
2
これ

朴鐘顕(パク・チョンヒョン)容疑者


逮捕時


喧嘩商売で同姓同名出して殺したちょっと後に長期休載突入したという事実



92
>>2
稼業の朝鮮スモトリ(対戦相手と拳を交えることなく反則で射殺される)のモデルだったんだw
170
>>92
ああ
田島とアンダーグラウンドで闘った奴か!
70
喧嘩商売
wikipedia
朴 鐘顕(パク・チョンヒョン)「漢江の怪物」の異名を持つアンダーグラウンドのC級格闘士で、戦績は5戦4勝1敗(1敗は反則負け)。韓国人。
シルムの白頭級の横綱である他、釵術やインド棒術・シランバムの使い手でもあり、徴兵経験もあるためナイフ術も使いこなせる。
ナイフを所持してのハンデ戦で櫻井と対戦する予定だったが、直前になって急遽、櫻井を陰陽トーナメントに出場させようとする田島との対戦が決定。
田島の策略に嵌められて試合開始直後に試合場から出てしまい、田島に指一本触れることなくペナルティとして狙撃手に射殺された。

アンダーグラウンド
アメリカで開催されている非合法格闘大会。会場内には様々なセットがあり、その中で対戦が行われる。
基本的に刃物や銃器の使用が認められており、殺人も容認されている。会員向けのインターネット中継が行われており、会員はどちらが勝つか賭けることができる。
26


この画像のレンガの下が破損してるのは何だろ
DVする人なのか
68
>>26
白いのは盛り塩?
43
これおかしくないか?

昨年8月の事件なのにさっぱり報道がなくて、今週に文春が「疑惑の怪死」っていう
記事を出す途端になって逮捕ってタイミングがおかしくない?
140
>>43
明日発売の週刊文春てに入れたんでは

またも文春砲だわ
119

163
朴鐘顕(パクチョンヒョン)容疑者(41)

進撃の巨人の生みの親

現、講談社「モーニング」編集次長、妻殺害容疑で逮捕。昨年8月、自宅で窒息死させた疑い



94
奥さんも子供も可哀想