両備観光バスの運転手が運転中にポケモンGOで遊ぶ YouTube上に動画が投稿される

 両備グループ(岡山市北区錦町)は4日、系列の両備バス関西カンパニー大阪支店(大阪府)の男性運転手(41)が、観光バスを運転中にスマートフォン向け人気ゲーム「ポケモンGO(ゴー)」を操作していたと発表した。

 グループによると、運転中にゲームをしていたのは10月とみられ、どのルートを走行中だったか確認している。31日、運転手がスマホでゲームをしている映像がインターネット上に出ているとの情報が寄せられ、発覚した。事故や乗客からの苦情は寄せられていないという。

 両備グループは31日、系列のバス、路面電車、タクシーの運転手に対し、運転席へのスマホの持ち込みを禁止する通知を出した。「交通従事者としてあるまじきことをしてしまい、おわびしたい。再発防止に努める」とコメントしている。

出典:山陽新聞

 岡山県を中心にバスなどの事業を展開する両備ホールディングス(岡山市北区)は4日、同社の観光バスの男性運転手(41)が、運転中にスマートフォン用ゲーム「ポケモンGO」をしていたと発表した。両備バス関西カンパニー大阪支店(大阪府門真市)に勤務し、府内を発着する観光バスに乗務していたという。

 同社によると、10月31日、インターネット上に「運転手が運転中にゲームをやっている動画が投稿されている」という内容の電話が外部からあった。動画は、バスが一般道を走行中に乗客が撮影したとみられている。日時や場所については特定できていないという。

 同社は携帯電話やスマホの運転中の使用を禁止していたが、31日から一切の持ち込みを禁止した。広報担当者は「運転者としてあるまじきことをしてしまい、おわびのしようもない。今後は一切このようなことがないよう再発防止に努めてまいります」と話した

出典:朝日新聞