相模原市で刺傷事件 女が刃物で家族を刺す 1/12

 神奈川県相模原市の住宅で2歳の男の子ら男女3人が刺されているのが見つかった事件で、31歳の母親が事件前に「疲れた。死にたい」と両親に話していたことが分かりました。

 12日午前10時20分ごろ、相模原市緑区の住宅で「妻が『お父さんを刺した。どうしよう』と電話を掛けたきた」とこの家に住む男性から110番通報がありました。警察官が駆け付けると、リビングで2歳の男の子と男性(62)が背中を切り付けられていたほか、31歳の母親が腹から血を流してうずくまっているのが見つかりました。男の子と男性は軽傷ですが、母親は重傷です。

 警察によりますと、母親は事件の前に「疲れた。死にたい」と両親に話していて、三男と自分の父親を包丁で切り付けた後、自殺を図ったとみられています。

出典:テレビ朝日