滋賀県米原市等の積雪状況 1/23

冬型の気圧配置の影響で北日本から西日本にかけての日本海側の山沿いを中心に大雪となり、平地でも積雪が多くなっているところがあります。雪は24日にかけて降り続く見込みで、気象庁は、大雪や路面の凍結による交通への影響に警戒するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、上空に強い寒気が流れ込み冬型の気圧配置が強まっている影響で、北日本のほか東日本と西日本の日本海側を中心に雪が降っています。この24時間に降った雪の量は、北日本の日本海側と近畿北部、中国地方、それに新潟県の山沿いで50センチから60センチに達しています。

また、ところによって平地でも積雪が多くなっていて、午前11時の積雪は滋賀県の高島市今津で74センチ、兵庫県豊岡市で58センチ、鳥取市で42センチ、富山市で16センチなどとなっています。

強い冬型の気圧配置は24日にかけて続くため、北日本から西日本にかけての日本海側を中心に雪が降り続く見込みです。24日の朝までに降る雪の量は、いずれも多いところで新潟県で80センチ、東北と北陸地方で70センチ、近畿地方で60センチ、中国地方と関東北部、それに長野県で50センチ、東海地方で40センチ、北海道で30センチ、四国で20センチなどと予想されています。

気象庁は、大雪や路面凍結による交通への影響に警戒するとともに、積雪の多い地域ではなだれなどに十分注意するよう呼びかけています。

出典:NHK

今回の雪の影響です。
警察によりますと、滋賀県のびわ湖の西側を南北に走る国道161号線では、23日午後、▼大津市北小松と▼高島市鵜川の少なくとも2か所で大型の車が脱輪したり、スリップしたりして動けなくなったということです。
福井県から大津市方面へ移動していた京都府宇治市の会社員、岡本朋也さんによりますと、23日午後1時頃に高島市内で前を走っていたトラックが止まりその後、車の列が動かなくなったということです。
岡本さんは車内で待機し、ようやく午後7時ころから動き出したということですが、南から北に向かう大津市内の反対側の車線では、別の大型の車が動けなくなっていたということです。
岡本さんは、「周りの車の人もエンジンを切ってシートを倒し車の中で待機するしかない様子でした。
何度もこの道を通っていますがこんな経験は初めてです」と話していました。

出典:NHK