新千歳空港で全日空機がオーバーラン 1/19

19日正午前、北海道の新千歳空港に着陸した全日空の旅客機が滑走路から誘導路に出ようとした際、曲がりきれずに滑走路を逸脱して周辺に積もった雪に突っ込み、動けなくなりました。けが人などはいませんでした。

国土交通省新千歳空港事務所や全日空によりますと、19日午前11時56分ごろ、秋田発新千歳行きの全日空1831便、ボンバルディアDHC8型機が新千歳空港に着陸したあと、滑走路から誘導路に出ようとした際、曲がりきれずにそのまま進んで滑走路を逸脱し、周辺に積もった雪に突っ込んで動けなくなりました。

乗客・乗員合わせて25人が乗っていましたが、けが人などはおらず、乗客全員が午後1時ごろに機体を下りて、用意されたバスで空港ターミナルに向かいました。

また、このトラブルで2つある滑走路のうちB滑走路が閉鎖されていて、発着便に欠航や遅れが出ています。空港事務所は機体をけん引するため、現在、除雪作業を行っています。

全日空によりますと、機長は「誘導路に出ようとした際、路面が凍結していて曲がりきれなかった」と話しているということです。

新千歳空港では19日午前0時ごろの降り始めから午前11時までに13センチのまとまった雪が降ったため、未明から断続的に滑走路を閉鎖して除雪作業が行われていました。

出典:NHK

Twitter上の声