久留米市小森野のうどん店・正八郎で火事・火災が発生 10/7

7日午前、久留米市内のうどん店が全焼し、従業員の男性1人が煙を吸い込んで、病院に運ばれ手当てを受けています。

7日午前9時半ごろ、久留米市小森野にあるうどん店から火が出たと、消防に通報がありました。

火は、およそ1時間後に消し止められましたが、警察と消防によりますと、うどん店の、木造平屋建ての店舗、およそ230平方メートルが全焼しました。また、従業員の30代の男性1人が煙を吸い込んで、病院に運ばれ手当てを受けていますが、意識はあるということです。

警察によりますと、この店の従業員が、厨房の天ぷら油から火が出たと話しているということで、火事の詳しい原因を調べています。

出典:NHK

正八郎の地図・場所