【和歌山発砲事件・塩屋】逃走中の溝畑泰秀容疑者を警察官が取り囲むも取り逃がし 逃走中

 29日、和歌山市の建設会社で従業員4人が拳銃で撃たれ、1人が死亡、1人が意識不明の重体になっている事件で、30日夜、殺人などの疑いで全国に指名手配されている男が和歌山市内にいると通報があり、警察官が駆けつけたところ、車に向けて拳銃を発砲したということです。男はそのまま逃走し、警察が行方を捜査しています。

 29日午前、和歌山市塩屋の建設会社「和大興業」で、男性従業員4人が拳銃で撃たれ、石山純副さん(45)が死亡し、1人が意識不明の重体、2人が大けがをしました。

 警察は、経営者の次男で、以前この会社で働いていた溝畑泰秀容疑者(45)の逮捕状を取り、殺人などの疑いで全国に指名手配していました。

 その後、逃走に使われたと見られる車がJR和歌山駅の近くで見つかり、警察は防犯カメラの映像を分析するなどして行方を捜査していました。

 警察によりますと、30日午後9時すぎ、建設会社の元従業員から「和歌山市内で自転車に乗った溝畑容疑者を見た」と通報があり、駆けつけた警察官が溝畑容疑者を見つけて職務質問しようとしたところ、パトカーに向けて拳銃を4発発砲したということです。

 パトカーは窓ガラスが割れ、溝畑容疑者は自転車を乗り捨てて、走って逃走したということです。警察が行方を捜査しています。

出典:NHK

和歌山県警によると、和歌山市の発砲事件で、逃走中の男は現場近くの路上におり、警察車両で取り囲んでいる。

出典: 時事通信

 県警によると、午後9時10分ごろ、和大興業の元従業員から「自転車で走っている溝畑(容疑者)を見た」と110番通報があった。警察官が和大興業付近へパトカーで行くと、自転車に乗った男を発見。男は車両に向けて4発撃ったとみられ、パトカーの窓ガラスが割れたという。和歌山西署によると、男は溝畑容疑者とみられ、午後11時10分ごろ路上で署員らがいったん包囲したが、その後また見失っているという。

出典: 朝日新聞