静岡駅付近の道路が陥没 12/5

 5日午後1時15分ごろ、静岡市葵区昭和町の国道1号交差点で、通行人の男性から「横断歩道にひびが入っている」と110番通報があった。静岡県警静岡中央署や道路を管理する静岡国道事務所によると、路面に縦10センチ、横20センチほどの穴が開いており、地下に幅1メートル、深さ60センチほどの空洞を発見。陥没に伴うけが人などはなかった。

 現場はJR静岡駅から南西に300メートルほど離れた、信号機のない丁字路交差点。同事務所では水道管の水漏れや地下水の滞留で地盤が緩んでいた可能性もあるとみて、陥没した原因を詳しく調べている。

出典: 産経ニュース