【須坂市】長野電鉄の線路に置石をしたとして波河健太を逮捕

今月に入り、須坂市の長野電鉄で、踏切近くの線路上に置き石が相次ぎ、警察は、今夜23歳の男を現行犯逮捕しました。

須坂市塩川の長野電鉄では、けさ8時過ぎ、長野駅へ向かっていた普通電車が、線路上に置いてあった石をはね飛ばし停車しました。

石の重さはおよそ30キロあり、電車には乗客およそ300人が乗っていましたが、けがはありませんでした。

この現場から約200メートル離れた場所では、今月4日ときのうも、重さが30キロ程度の石が置かれました。

警察は、現場周辺で警戒を続けていましたが、午後6時ごろ、須坂市の日野駅近くの線路に重さ20キロの石を置いていた長野市東和田の派遣社員・波河健太容疑者23歳を現行犯逮捕しました。

調べに対し、波河容疑者は容疑を認めています。

警察によりますと、長野電鉄では、逮捕容疑も含め5件の置き石があり、波河容疑者は、一連の犯行への関与を認めているということです。

出典: SBC