高田馬場駅で異臭・刺激臭騒ぎ 警察・消防が駆けつける 9/28

 28日午後5時45分ごろ、東京都新宿区高田馬場の西武新宿線高田馬場駅ホームで、「異臭がして具合が悪くなっている人がいる」と119番通報があった。東京消防庁によると、少なくとも3人が喉などに異常を訴えているという。

 警視庁戸塚署などが詳しい状況を調べている。

出典: 産経新聞

 東京消防庁によりますと、28日午後6時前、東京・新宿区にある西武新宿線の高田馬場駅構内で、複数の利用客が気分が悪いなどと訴える通報があり、救急隊員が出動したということです。隊員が現場に駆けつけたところ、9人が「気分が悪い」や「のどに違和感を感じた」などと話していて、いずれも意識があり、今のところ、ただちに病院に搬送する必要がある人はいないということです。警視庁などが原因を調べています。

 西武鉄道によりますと、28日午後5時40分ごろ、西武新宿線の高田馬場駅の下り線のホームで数人の乗客が急にせき込むなどしたということです。西武鉄道は、この乗客を駅の応接室などに連れて行き、症状が悪化しないか様子を見るとともに警視庁や消防に通報したということです。西武鉄道によりますと、当時は夕方の帰宅ラッシュ前でホーム上には大勢の乗客がいたということです。また、電車の運行に影響は出ていないということです。

出典:NHK