高樹沙耶を逮捕 大麻所持の疑い

 麻の解禁を訴える活動を行っていた元女優の高樹沙耶容疑者が沖縄県内で大麻を隠し持っていたとして25日厚生労働省の麻薬取締部に大麻取締法違反の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、沖縄県石垣市に住む元女優の高樹沙耶、本名、益戸育江容疑者(53)です。

厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部によりますと高樹容疑者は沖縄県の石垣島の自宅で大麻を所持していたとして大麻取締法違反の疑いが持たれています。高樹容疑者は女優を引退したあと、国内で禁止されている医療用の大麻の解禁を訴える活動を始め、ことし7月に行われた参議院選挙では東京選挙区から立候補し、大麻取締法の改正などを主張しましたが、落選していました。

石垣島では同じ活動を行っているメンバーと共同で宿泊施設を経営していて、麻薬取締部は25日自宅などを捜索し、大麻の入手ルートなどを捜査しています。

高樹容疑者はモデルや女優として活動し、数多くのテレビドラマや映画などに出演していました。5年前の平成23年、沖縄県の石垣島に移住し、翌年、芸能事務所も辞め、自然とともに生活する「ナチュラリスト」を自称するようになります。

日本で禁じられている医療用の大麻の利用を認めるよう訴える団体に所属し、自身のブログやツイッターでは「医療用大麻は治療に役立ち認知症予防なども期待できる」などと主張していました。

一方で、大麻について「18歳くらいに初めて知りました。時折食べたり吸引しました」とか「個人の感覚からすればお酒、たばこ、チョコレートよりも安心で安全で多幸感が得られる」、「アンチエイジングにもよい」などという書き込みも行っていました。

cats

出典:NHK

益戸育江について

実家は、浜松市中区で「すずき布団店」を経営している。私立誠心高等学校(浜松開誠館高等学校)を中退後、東京都立青山高等学校に編入・卒業。中学(浜松市立北部中学校)の先輩に歌手のキーボー、後輩にオートレース選手の長谷晴久、女優の鈴木砂羽がいる。

高校時代に原田真二のコンサートを観て「私もたくさんの人を幸せに出来る仕事をしたい」と思ったのが芸能界を目指したきっかけ。17歳のときに上京し、オスカープロモーションに所属、モデルとして活躍。1983年に映画『沙耶のいる透視図』の主演女優として映画デビュー。作品中の名前「沙耶」に、あとから「高樹」の苗字をつけて芸名にする。

1998年、シンガーソングライターの中西圭三と結婚するが、2000年に離婚。その後ハワイに移住する。成瀬ヨーガグループにてヨガを習う。 2011年11月8日、千葉県から沖縄県石垣市に移住していることが『週刊女性』で報じられた。全財産をはたいて1500坪の土地を購入しコテージを経営管理している。

2012年10月末にてオスカープロモーションを退社 。当時の肩書きは「ナチュラリスト」。

また、同年にはブログで「大麻草検証委員会」の幹事をつとめていることを明かし、「大麻については持続可能な暮らしをサポートする大切な天然資源の一つと以前から思っていました。(大麻は)私個人の感覚からしましては、お酒、たばこ、チョコレートよりも安心で安全で多幸感を得られる、そしてアンチエージングには最高の植物だと信じております」と大麻保持を法的に規制することに反対する立場を明かした。

2016年5月10日、第24回参議院議員通常選挙に新党改革より東京都選挙区で出馬することを表明。名前は本名ではなく、芸名の「高樹沙耶」で出馬したが、落選。 ga

出典: wikipedia