高橋大輔の湯切りがカッコよすぎると話題 1/1

高橋大輔のプロフィール

出身地岡山県倉敷市
生年月日1986年3月16日 現在31歳
身長165cm
身長55cm
最終学歴関西大学文学部総合人文学科身体運動文化専修卒業
関連サイト→ 公式サイト

 髙橋大輔(たかはし だいすけ )は、岡山県倉敷市出身の日本の元フィギュアスケート選手(男子シングル)。フィギュアスケート元世界王者。愛称は「大ちゃん」。

 主な実績は2010年バンクーバーオリンピック銅メダリスト、2006年トリノオリンピック(8位入賞)、2014年ソチオリンピック(6位入賞)日本代表。ほか2010年世界選手権優勝、2012年グランプリファイナル優勝、2008年・2011年四大陸選手権各優勝、全日本選手権通算5回優勝(2005年-2007年、2009年、2011年)、世界フィギュアスケート国別対抗戦連続2回優勝。

 2002年世界ジュニアフィギュアスケート選手権優勝を初めとし、日本男子初、又アジア人男子初の快挙を次々と成し遂げた。その一方で、2008-2009シーズンで右膝全十字靭帯断裂という大怪我により1年間の休養、選手生命の危機に陥った時期も有った。

 2013年のソチシーズンを最後に、28歳で現役引退(2013年のGPファイナルと2014年の世界選手権は怪我により棄権。同年10月までは休養という形をとっていた)。日本人男子スケーターでは過去最年長記録。

人物

 4人兄弟の末っ子。母親の務めていた理髪店の娘が名付け親で「大輔」は嶋大輔からとった。2015年、修士論文の未提出のため同大学院を中退。JOCシンボルアスリート適用選手。日本人男子初のオリンピックメダリストであり、日本人男子として初めて世界選手権、世界ジュニア選手権、グランプリファイナルを制した選手である。 オリコンによる「好きなスポーツ選手ランキング」の男性部門において、2010年より5年連続でトップ10入りを果たしている。

出典:wikipedia