【なんでも鑑定団】曜変天目茶碗の調査を所有者が中止の申し出

 

 昨年12月に放送されたテレビ東京系の人気番組「開運!なんでも鑑定団」で、「国宝級」と鑑定された茶碗(ちゃわん)をめぐり、所有者が住む徳島県の教育委員会が、文化財指定に向けた調査を計画しながら、一転して取りやめていたことが9日、分かった。番組放送後、専門家から鑑定結果を疑問視する指摘が相次ぎ、所有者から調査中止の申し出があった。

 「国宝級」と鑑定されていたのは、昨年12月20日放送の同番組に持ち込まれた茶碗。古美術鑑定家の中島誠之助さんが、南宋時代(12~13世紀)の中国・福建省で制作され、完全な状態では3つしか現存しない「曜変天目(ようへんてんもく)」に間違いない-などとし、2500万円の鑑定額がついた。

 茶碗の所有者は徳島県内でラーメン店を経営する男性で、曽祖父が買った古美術品の中に交ざっていたとされる。

 徳島県教育委員会によると、同番組での鑑定を受け、茶碗を文化財に指定するための調査を計画。県文化財保護条例に基づき、男性に文化財指定の申請をする意向を確認した。

 男性は当初協力的だったが、しばらくして男性から「諸般の事情で資料を外に出さないでもらいたい」「この件は今後ノーコメントにします」との申し出があり、調査実施は白紙となった。



人気番組「開運!なんでも鑑定団」で「国宝級の曜変天目」と鑑定された茶碗(テレビ東京の放送画面より)

出典:産経ニュース

ニュースへの意見

3
またこれか
40
外野が何を言おうと

今のところ、茶碗は「本物」


偽物だという根拠がない
76
新情報何もないじゃん
新聞社が記事にするなら独自取材してよ
107
今までも


誤鑑定がいっぱいあったんだろうなぁ
8
偽物てバレる前に売っ払いたいんだろうな
167
>>8
白黒つけたいから出たい人が出るテレビだと、ずっと思ってみてたけど
お墨付きもらって高値で売りたい人ってのもいたんかな。
だとしたら公共の電波事業者としてはよくないよね
36
まあ言ったもん勝ちだしな
ゴミ判定された中にも実は名品が……
148
>>36
実際過去にやらかしたことがあるから
278
>>36
実際あったみたいだね~怒りのブログをみたことがある 博物館からは本物認定された云々
286
>>278
はいよ

「開運!なんでも鑑定団」の鑑定ミス
→ イカタコ大好き・骨董大好き
なんでも鑑定団で「ニセ物」とされた壺→近所の骨董品店「これは本物」モノの価値に振り回されている人の話に考えさせられる
https://togetter.com/li/921499
将棋盤を誤鑑定した件
→ 日本将棋連盟
50
せっかく評価してくれた中島の信用に泥を塗りたくないってことかな
今のままならどちらか分からないし
237
>>50
実際には、こういうやつは中島だけでなく番組挙げて鑑定してるんだよ
241
>>237
昔は大物のときは、そういう専門家もテレビに出てきて鑑定してるの見せてた気するんだがいつの間にか無くなったね
246
>>241
石坂が干されたのもそういう理由だってね
最近は分野違いなのに中島が鑑定したりしているから、それについて
きちんとした鑑定をと主張する石坂が疎まれていたと。

この件の他にも結構鑑定ミスやらかしてるようだし
中島ばっかりに鑑定させたせいで
70
中島誠之助のセリフ全文
「開運何でも鑑定団始まって最大の発見ですね。この茶碗はねぇ、
12世紀から13世紀、中国の南宋時代に福建省の建窯で焼かれた
曜変天目間違い御座いませんね。
日本にもたらされた天目茶碗というのは数はかなりあるんですよ。
ただその中でね、曜変というのはたった3点、しかもそれは国宝
ですよ。今日これが出た事によって、4点目が確認された。
漆黒の地肌にね、青みを帯びた虹のような光彩がムラムラと湧き
上がっていてねえ、まるで宇宙の星雲を見るようですね。
鉄分をかなり多く含んだ土をね焼き締めて御座いますのでね石の
ように硬い。それを丁寧に真ん丸に削り出した蛇の目高台。
これはね、国宝の稲葉天目の高台とほぼ同じですね。
高台の真ん中に「供御」という二文字が彫ってあります。
これはね、かつては天皇とか上皇に差し上げるお食事のための
容器だった。ところが時代が降りてね、室町時代になりますと、
将軍が使うものにも「供御」と彫るようになった。
この布、そして曲物の入れ物、そしてその三好家の系図。
これによってね、室町幕府第十三代将軍足利義輝を戴いて権勢を
振るった三好長慶が足利家から取得した東山御物の一碗であると
いうことは間違いないと思います。
もしこの茶碗がね、信長、秀吉、そして徳川家康が持って更に
現代に伝わっていたらね、国宝になってたかも知れないですね。
大名品です。大切になすって下さい。」
151
俺の様な糞素人でもわかる偽物だったな。
見込みだけじゃなく胴にも曜変が出てるのがおかしいが、それ以上に中島の
説明がおかしい。
>>70を見ると12~13世紀に南宋の建窯で焼かれた茶碗に14世紀の足利将軍家の
ための供御と言う印が彫ってあると言う事は焼かれた後に彫られたと言う事になる。
本当にそんな事ありえるのか?
211
>>205
長江は量産品は触ればすぐ分かるって言ってたな 
顔料が浮いてのがニセモノとか何とか
251
他の骨董ならともかく、曜変の目利きで中島が長江氏に勝てるとは思えん。
本物に触れた経験はもちろん、研究と再現の過程で出来損ないの曜変を数限りなく見てきてるだろうから「ニセモノ曜変」の大家でもある。
349
>>251
長江さんは栄誉や損得ではなくただただ情熱と執着で曜変天目の再現に臨んでいるが、甲斐なく解明や自身の天目が完成することなく人生が終わることになるかもしれない。
けれどもつくれないというわけにもいかないのだ、なんとしても・・・と人生を賭けている長江さんの曜変天目をみる眼にはとても及ばない。彼の後ろにあるのは崖っぷちの海だ。
168
テレ東って権力なさそうだから揉み消せないんじゃないの
170
>>168
揉み消すというより灰色のまま終わらせる感じかな
厳密にはまだ不祥事ではないだろ 再鑑定して贋作だったら不祥事だけども
189
>>170
物が表に出ない限り真贋は藪の中だもんな
あとは嵐が去るのを黙って待つだけ
232
>>170
そういうこと
番組独自の鑑定として黙り、ラーメン店には幾ばくかの金を握らせ今後一切専門家の鑑定を拒否させる。
視聴率5%維持、スポンサーが逃げない限り番組を続けるだろう。
205
今は高価な機器分析法を使わないと鑑定もなにもできない状態だろう
中島のように虫眼鏡だけに頼る鑑定は時代遅れ
162
長江氏は正攻法での曜変天目の再現で限りなく本物に近づいた人。
それでも本人は納得していない。
だからあんなまがい物が本物扱いされてることに我慢出来なかったんだろう。
153
もうほとんど誰も本物だと思ってないようだが、最初の頃は擁護も凄かったんだよな
テレビを通して真贋の判定ができるわけがない!という奴がいっぱいいた
まあ確かに、鑑定士がテレビで見分けがつく程に差があるものを見分けられないなんて思わないよね
157
>>153
疑惑発覚後は本物派とニセモノ派でよくレスバトルあったな
最初はまずどっかの研究員がニセモノとか言ってた その段階では擁護派多かった
天目専門のおっさんが出て来てから旗色悪くなった
160
番組と誠之助はいまだにこの件はダンマリなの?
165
>>160
所有者も再鑑定を拒むだろうし、ダンマリを続ければ真相は闇の中だからね
この件はこれで終わりだろうな