さいたま市立土屋中学校で不審物 「開ければ爆破する」と書かれた紙が箱の上に置かれる 

 登校時間の中学校で不審物が見つかり、一時、騒然となりました。

 警察によりますと、9日午前7時すぎ、さいたま市西区の中学校の自転車置き場の付近などで白い箱が2つ見つかり、「開ければ爆発する」などと書かれた紙が置かれていました。爆発物処理班が中を調べたところ、衣類などが入っていて爆発物ではなかったということです。

 学校は、登校していた生徒を帰宅させたうえで休校にしました。警察は、威力業務妨害の疑いを視野に捜査しています。

出典: テレビ朝日

さいたま市の中学校の敷地内に「開ければ爆発する」と書かれた紙などを置き、学校の業務を妨害したとして、中学3年生の男子生徒が威力業務妨害の疑いで逮捕されました。 逮捕されたのは、さいたま市に住む15歳の中学3年生の男子生徒です。

警察の調べによりますと、この少年は9日の朝までに、さいたま市内の公立中学校の正門と自転車置き場付近に「開ければ爆発する」と書かれた紙と発泡スチロールのケースを置き、学校の業務を妨害したとして威力業務妨害の疑いがもたれています。

警察によりますと、ケースの中には、工具や衣類などが入っていたということで、学校はこの騒ぎを受けて9日、臨時休校の措置を取りました。

少年は、8日の夜に学校付近にいるのを目撃されていて、警察が事情を聞いたところ、容疑を認めたことなどから9日、逮捕しました。

警察の調べに対し少年は「騒ぎになればいいと思った」などと供述しているということです。

警察は、動機などをさらに詳しく調べることにしています。

出典:NHK