阪急梅田駅で不審物発見か 12/21

21日午後0時35分ごろ、大阪市北区芝田1丁目の阪急梅田駅の「阪急三番街」付近で、警備員から「ビニールにぐるぐる巻きにされた爆弾のようなものがある」と110番通報があった。大阪府警が規制をかけて調べ、現場周辺は一時騒然とした。府警によると、不審に思われた物は、黒いビニールテープが巻かれた長さ約15センチの楕円(だえん)形で、細い電気コードのようなものが見えていたという。

 現場では、府警が午後1時ごろから一時、構内の紀伊国屋書店やドラッグストアなど付近の複数の店舗を客が入れないよう規制。食事後に近くを通りかかった大阪府茨木市の女性(70)は「年末で人の行き来が多いときに、こんなことがあるなんて。爆発物でなくて本当によかった」と話した。

出典:朝日新聞