八街市で小学生の列にトラックが突っ込む事故が発生 重症を負った男の子は意識を回復し命に別状なし

2日朝、千葉県八街市で登校中の小学生の列にトラックが突っ込み、4人がけがをし、このうち1人は大けがだということです。警察は、トラックを運転していた茂原市の自称、会社員の19歳の少年を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕し、詳しい状況を調べています。 2日午前7時10分ごろ、千葉県八街市文違の国道409号線で登校中の小学生の列にトラックが突っ込み、4人をはねました。

警察や学校によりますと、けがをした4人は八街市の朝陽小学校の2年生から5年生までの男子児童3人と女子児童1人で、いずれも意識はあり、このうち1人は大けがだということです。

警察は、トラックを運転していた茂原市の自称、会社員の19歳の少年を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕しました。

警察の調べによりますと、少年は「助手席の同僚との話に夢中になって気付かなかった」と供述し、容疑を認めているということです。

現場は、JR総武線の八街駅から北におよそ2キロ離れた住宅や店舗が点在する地域です。警察が詳しい状況を調べています。

cats

出典:NHK

 また登校中の小学生が巻き込まれる事故が起きた。2日朝、千葉県八街市で登校中の小学生の列にトラックが突っ込み、小学生4人が重軽傷を負った。

 警察によると、2日午前7時10分頃、千葉県八街市文違の国道で小学生の列にトラックが突っ込み、小学3年生の男の子1人が重傷、小2男児・小3男児・小5女児の3人が軽傷を負った。重傷を負った男の子は、頭蓋骨を骨折していて一時意識がない状態だったが、現在は、意識は回復し命に別条はないという。

 警察は、トラックを運転していた千葉県茂原市の自称・建設会社社員の男(19)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕した。男に、酒を飲んだり薬物を使ったりしていた形跡はないという。

 事故があったのは、八街市の住宅地を走る国道。当時は歩道を11人の小学生が1列になって1.5キロほど先にある小学校へ登校中だった。トラックは走行中に右側を走って来た対向車を避けようと急に左ハンドルをきった際、左側の歩道を歩いていた小学生の列に突っ込んだという。

 目撃者「子どもたちが学校へ行く時間だった。けっこう騒いでいるようだったので、ちょっと行ってみたら、男の子か女の子か分からないけど、子どもが倒れてて、1人」  巻き込まれた子どもたちが通う小学校では2日、午後の一部の授業を取りやめ教師らが通学路で見守って集団下校するという。

出典: 日テレ