横須賀の立体駐車場から車が転落する事故が発生 12/31

31日午後1時前、神奈川県横須賀市にある立体駐車場の5階から乗用車が転落し、消防によりますと、乗用車に乗っていた40代から70代の男女3人の死亡が搬送先の病院で確認されたほか、男性2人がけがをしているということです。

31日午後1時前、横須賀市小川町にある立体駐車場「サイカヤパーキング」の5階から車が転落したという通報が消防や警察に寄せられました。

横須賀市消防局によりますと、転落した乗用車には5人が乗っていたとみられ、40代の女性と50代の男性それに70代の女性の3人の死亡が搬送先の病院で確認されたということです。このほか10代と20代の男性2人もけがをして病院で手当てを受けているということです。

警察によりますと、乗用車は駐車場のフェンスを突き破って転落したということで、事故の詳しい状況を調べています。
現場は京浜急行の横須賀中央駅から800メートルほど離れた、市役所などが建ち並ぶ市の中心部にある立体駐車場です。

NHKのヘリコプターから撮影した映像では、事故現場の立体駐車場は5階に設置された柵が外側に向かって大きくゆがんでいる様子が確認できます。また、駐車場の下の道路には屋根が潰れた状態の車があり、周囲にはものが散乱していて、救急隊員とみられる人たちが作業にあたっている様子も写っています。

事故を目撃した男性は、「雷が落ちたようなすごい音がして、見たら5階のフェンスが落ちて、すぐに車が落ちてきた。中で男の子が痛い痛いと言っていたので、人が集まってきて、その子を出してあげた。アメリカ兵も集まり、ひっくり返った車体を持ち上げて、中にいた人を出した」と話していました。

また、救助にあたった男性は、「アメリカ兵が来てくれて全部で10人ぐらいで車体をひっくり返してようやく助け出した。小さい男の子を車から出したときに、お父さんとお母さん、お兄ちゃんが中にいると言っていた」と話していました。

出典:NHK

 先月31日、神奈川県横須賀市で、立体駐車場の5階から家族5人が乗った乗用車が転落し、夫婦と夫の母親が死亡、10代の子ども2人が重傷です。

 午後1時前、横須賀市小川町の8階建ての立体駐車場の5階から乗用車が転落しました。警察によりますと、車には家族5人が乗っていて、世田谷区給田の廼島和彦さん(56)と妻の晶子さん(46)、それに和彦さんの母親の弘子さん(81)が病院に運ばれましたが、まもなく死亡が確認されました。一緒に乗っていた和彦さんの10代半ばと11歳の息子が重傷です。  

 救助した人:「『助けて』と男の子の手が出ていて助けた。(車を)起こして、中に入っている人を引きずり出した。その時点で4人と思っていたが、まだ中に1人いたみたい」  

 転落する車を目撃した人:「車が宙に落ちていっている感じで、そのまま反対向きになったまま、ぐしゃっと」

 車はフェンスを突き破った後、裏返しになって天井から地面に落ちたとみられ、警察は運転操作を誤った可能性があるとみて調べています。

出典:テレビ朝日