陶芸家・長江惣吉氏 なんでも鑑定団で放送された曜変天目茶碗が偽物であるとの見解を示す

 今年で放送開始から23年目を迎える、テレビ東京の看板番組『開運!なんでも鑑定団』(火曜夜8時54分~)。
常時2ケタ視聴率を記録する同局きっての人気番組に、思わぬ大騒動が持ち上がっている──。

〈『なんでも鑑定団』始まって、最大の発見ですね〉
〈国宝になっていたかもしれない大名品です!〉

 番組内でこう高らかに宣言したのは、レギュラー出演する古美術鑑定家の中島誠之助氏だ。

 昨年12月20日の同番組では、世界に3点しかないとされる中国の陶器「曜変天目茶碗」の“4点目”が新たに見つかったと放送された。

 この茶碗を持ち込んだのは徳島県のラーメン店店主だった。“お宝”は明治時代に大工をしていた店主の曾祖父が、戦国武将・三好長慶の子孫の屋敷を移築した際に大枚をはたいて買い求めたもの。25年以上も押し入れの“肥やし”になっていたが、気になって番組に鑑定を依頼したという。

 この世紀の発見を、テレビ東京は放送前から〈番組始まって以来のお宝が大発見される様子が放送されます〉と書かれたリリースを各メディアに配布するなど大々的に告知した。『坂本龍馬の手紙2通(4000万円)』、
『マリリン・モンローが身に着けたイエローダイヤモンド(1億5000万円)』など、過去に番組が発掘した数々の逸品を上回る「驚愕のお宝」の登場に俄然期待は高まった。

 放送では、いつものように中島氏が虫眼鏡を用いてじっくりと茶碗を鑑定した。司会の今田耕司が
「オープン・ザ・プライス!」と声をかけると、電光掲示板に示された数字は「25,000,000」。番組最高額
(5億円*)にこそ達しなかったものの、鑑定結果にスタジオはどよめきと拍手に包まれた。

【*番組史上最高額を記録したのはドイツで発掘された柿右衛門様式の壺=2005年9月27日放送回だった】

 鑑定後、中島氏は「曜変天目に間違いございません」と断言。「信長、秀吉、徳川家康が持ってさらに現代に伝わっていれば、国宝になっていたかもしれない」と解説したのである。

 南宋時代(12~13世紀)の中国で製作された曜変天目茶碗は、“星々”を思わせる美しく輝く模様を持ち、 「茶碗の中に宇宙が見える」と評される。完全な形で残るのは世界で3つとされ、すべて日本に現存する。
それらはいずれも国宝である。番組放送後、“4つ目の国宝発見”となる大ニュースを新聞各紙は「幻の陶器発見」と相次いで報じた。

 だが、この大発見に異を唱える専門家が現われた。窯業で知られる愛知県瀬戸市在住の陶芸家・九代目長江惣吉氏である。長江氏が語る。

「番組を見ていて思わず絶句しました。どう見ても中国の商店街で売っているまがい物にしか見えなかった」

 曜変天目の美しさに魅了された長江氏は、製造方法が未だ解明されていない「幻の陶器」の完全再現に親子二代にわたって挑んでいる。これまで長江氏は中国に28回赴き、現地研究者との交流を重ねてきた。
昨年、NHKがその活動を番組で特集したほどの「曜変天目のプロ」である。

 その長江氏が鑑定品を「偽物」と判断する最大の根拠は「光彩」だ。

 曜変天目茶碗は、鉄分などを原料とする釉薬をかけて焼かれる。最大の特徴は、前述したように茶碗の内側に広がる鮮やかな光彩であり、光と見る角度によって輝き方がガラリと変わる。

 徳川家康など時の権力者にも愛でられたとされる逸品だが、今回鑑定された茶碗には「肝心の輝きがない」と長江氏は指摘する。

出典:週刊ポスト

引用元:【芸能】なんでも鑑定団・国宝級茶碗に陶芸家「どう見てもまがい物」

ニュースへの意見

2
直接見ないとわからないんじゃないの?
19
>>2
だよなぁ。
あんなテレビ通して見ただけでわかるもんじゃないだろうに。
182
>>19
まぁ、だからといって専門家に対してお前ら素人が「テレビ見ただけじゃわからん」とか言い出すのも大概だと思うが
538
>>19
ただし、曜変天目の本物は見たり触ったりしてるぞ(国宝のやつな)
5
なんかの時代劇で「自分の一声でただの土くれを金に換える」と言っていたが
まさにその通りだな。
53
>>5
落語ならはてなの茶碗だな。
ただ有名人が使ったとか箱書きでも価値は出るからなぁ。

なんでも鑑定団はあの収録内だけでなく事前に調査してるはずだから露天で売ってるレベルのものなら流石に分かると思うが。
775
>>5
特に戦国時代は、配下の武将に褒美を与えるにも土地には限界があるし
現金にも限界があるし、焼き物に「誰が所蔵してた」とか、「とにかく名品」の
価値をつけてプレゼントするのが一番安上がりだったからな。
そういう風にプレゼントされて さらに製作者の名声が上がり、そしてまた
器の価値がさらに上がり・・・
9
売り手と買い手が合意したら
真贋なんてどうでもいいよ
69
>>9
ギャラリーフェイクのフジタさんですね?
15
鑑定団の



国宝

52
>>15
別もんすぎわろた
63
>>15 見ると、たしかに国宝のは作るの難しそうで、鑑定団のがダメ出しされるのもわかるわ。
103
>>15
これライトの影響じゃ?
150
お、なんか盛り上がって来たな
ついでに佐野乾山真贋論争も再燃させようぜ

>>103
美術館とかだと一番映えるライティングしてるからな
402
ラーメン屋(三好長慶)のよく貼られる画像


ラーメン屋の本人撮影だと



藤田美術館の国宝の最高の環境の一枚


それを普通に撮影するとこうなる



いつもメディア批判してるのにコロッと騙されるのが低脳芸スポ民
427
>>402
この素人撮影画像でも曜変天目には夜空のような星模様がはっきり見えるね
ラーメン天目には全然これがない
514


静嘉堂文庫蔵 徳川宗家→稲葉家→三菱財閥



藤田美術館蔵 水戸徳川家→藤田財閥



大徳寺龍光院蔵 津田宗及→黒田長政



足利義輝→三好長慶→ラーメン屋の親父さん






ラーメン屋の親父のやつだけ、ちゃちぃwww
中島誠之助もボケたかww
640
>>514
上の3つなんとも言えないオーラすげええええええ..
29
これ正解は誰もわからくね?多数決?
7
やっぱ そうか
だいたい中島が鑑定してる時点で
曜変天目の専門家としては弱いし
32
中島が一人で鑑定してると思ってるの?
40
TV映像で見て偽物ってわかるレベルってありえなくね
あれほどの鑑定額になるとさすがに専門家複数人で鑑定してんじゃないの?
58
>>40
有名人が作ったとはいえ所詮は素人でも同じ原材料で似せたものは作れる
物の価値なんてあってないようなもの
362
>>58
今回のは制作の技法とかが解明されてなくて
似せたように作れないんだと。
近いものはあるらしいけど、似せるのも困難だからこそ本物と断定したみたいだよ。
50
専門家とかいうわりに実物も見ないで判断する辺りウーン…
そもそも一人で鑑定してるわけではないですしその辺り知ってるのかね?
64
そんな大物でたらさすがに中島も慎重に鑑定するだろ
現物見ないででよく断言できるね
商売やっていれば現物見るのが基本だろ
73
ETV特集に出てた人だね。
あのドキュメンタリーは凄かった
210
>>73

オレも昨日録画を見たよ。
中国で第4番目の曜変が発見されたと言いつつ、現物は曜変だけど割れていた。
故に科学鑑定をしようと中国に行くが、中国の研究者に阻まれ目的を達することなく帰国。
帰国後に世界に3点しか無い国宝を、松田コレクションだっけかが提供して、成分を分析して再現を試みる・・・。
こんな感じの内容だったが、この全てに、九代目長江惣吉氏は参加して、分析結果もとに茶碗を焼いた。
結果、今まで再現できなかった光彩を、僅かではあるが再現できたと言う内容だった。
ETV特集を見た人なら、鑑定団に出てきた茶碗とは『???』となると思うがな。
244
>>210
NHKのやつだっけ。
あれを再現するのに相当投資してるんだっけ。
家族もよくついて行ってると思うわ。
最後で鮮やかに再現できてたように見えたけど本人はまだ納得してなかったな。
273
>>210
同意。
鑑定団みたあとで、Eテレ特集再放送みたが
素人の自分でも、鑑定団のは本物じゃないと思った。
鑑定団の茶碗は、本物と全然輝きが違う。
長江さんのこと批判する人は、Eテレの番組見てからにしたほうがいいよ。
専門家じゃなくても、わかるから。
840
>>273
長江さんの番組は俺も観たよ。
親父さんとの確執があったから曜変天目に対する異常な執念も伝わって来た。
だから変に感情的になってるんだと思うよ。
番組の曜変天目は確かにテレビではショボいんだよな( ̄▽ ̄;)
でも公開されてる写真を見ると全然印象が違って綺麗だよ。
流石に国宝からは落ちるけど長江さんの再現とは雲泥の差だよ~
長江さんはどうして写真か実物を見てから発言しないんだろう?
曜変が光の加減で様々な表情を見せる事を誰よりも知っているはずなのに…
92
そもそも偽物も最近になってようやく少しはまともなのが作られるようになったばかりだよね。しかも天目産の土では作られてない
天目の土と一緒か成分検証したわけでもないのに「どう見てもまがいもの」と断言するのはこれ如何に
かといって中島というか番組がそこまで検証してるのかどうかもわからんけど
163
曜変天目研究の第一人者である
東洋陶磁美術館主任学芸員の小林仁氏も
偽物だろうと言っている
202
テレビ越しとかいうけど、それなら中島は世界に3点しか無い本物の茶碗を
手にとって間近で鑑定したことあるの?
そんなものたかが鑑定人に触らせてもらえんの?
中島も十分に怪しい
508
>>202
それはちょっと俺も思ったな。
現存数が少なすぎて中島誠之助も本当に本物を手にとって見たのかが疑問。

後鑑定団といえば横山大観の愛弟子って触れ込みでいたおじいちゃんがいつの間にかそのフレーズ使われなくなった経緯が知りたい。
537
>>508
確率論で言えば中島が(現状本物と見なされている)茶碗を間近で見た可能性は低いし
仮に相手の好意で間近に見る機会があったとしても
そう長時間見せて貰えなかった可能性の方が高いだろうとは思う
研究者ではなく
あくまで古物商でしかないからね
248
ニセモノではないだろが、国宝に値するような名品でもないだろ。
かなり中途半端なやっかいなシロモノということでw
286
そもそもこれを持ち込んだラーメン屋の主張では

・大工の先祖が買ったもののうちの一つで他の物は全部焼失したがこれだけは資材置き場に置いてあったので焼失を免れた
・数10年押し入れに入っていたが出してきて100回洗ったらきれいな色が出てきた

こんなの信じる方がアホだろw
321
曜変天目茶碗の最大の特徴は
角度によって変わる光彩なんだから
レーザーでも当てて、いままでの認定された茶碗とデータを比較検証すれば
曜変天目茶碗と呼べるかどうかは確定できると思う
鑑定そのものは
最近作られた贋作ではなくて
昔の窯で焼かれたもので
曜変天目茶碗のイトコぐらいの関係性だから
骨董的価値で2500円ぐらい
ということだろう
「いきおい余って万をつけた」といえばオチもついて
バラエティらしくていい
328
名工が捨てる程度の本物で落ち着きそうだな。

ピカソは失敗も高く売りつけたらしいがw
395
https://www.youtube.com/watch?v=Alv5U05Trng&t



長江さんが鑑定団がニセモノだとする
根拠の動画をあげてるけど、本人があげたのかなこれ?
最後のほうで中国の研究第一人者のコメントも取り上げてるけど
436
>>395
この専門家のコメントがまじなら
ニセモノくさいな
447
>>395
めっちゃ詳しい解説動画クソワロタwww
長江さんを批判してるクソは見てみろよ

長江さんは本物だったら資料が増えるから期待したと思うわ 本物だったらね
407
まあ、骨董は写真や映像を見ただけで真偽を判断できるほど単純なものではないからな。
この陶芸家も自分で触れて見て確認する必要があるだろうな。
426
三好長慶の子孫なら所有しても不思議じゃないしね
箱とか書付もあったように記憶してる
むしろ現物を見ていないで画面上で見ただけで
まがいものと断言してしまう陶芸家の自信が怖いわ
435
>>426
その肝心の三好長慶が所有していたことを示す書物が存在してない
439
>>426
所有してたのは大工だろ

多分、大工が飲む打つ買うで大金を使っちゃったのでかあちゃんに言い訳するため

この国宝のツボを100万円で買ったんだい!と拾ってきた壺をそう言い張り言い訳した。
438
長江さんのマガイモノ発言はその作成方法にあると思われる。
光彩円(点?)の付け方が最大の謎だがその方法は
1、職人が一つずつ書く方法
2、科学変化方法 (光彩部がどこに現れるかわからない)

長江さん親子二代の研究結果、「2」だろうと見ている。実際再現まで後一歩まで
来ている。

今回の耀変天目は明らかかに?「1」(光彩が規則性あり)
なので、マガイモノ発言ではないか。
耀変天目は一人の陶工のみで作られたと言われていますから特に。
955
お前らがなに偉そうに語っているんだよw

お前らにわかるわけないだろw
960
>>955
馬鹿だなそれが楽しいんだよw