天地真理の現在・・・老人ホーム暮らしでファンが生活を支えている

「私、20代、30代の一番仕事が忙しいころは、今みたいな状態になるなんて、思ってもみませんでした」

こう語るのは、1970年代前半に「ひとりじゃないの」などの曲を次々とヒットさせ、スーパーアイドルとして一世を風靡した天地真理(63)。

現在、川崎市の高齢者向け住宅に暮らしている。
ちなみにこの住宅は、3人の入居者が次々と転落死していたことがわかった有料老人ホームと、運営会社が同じだが、それはともかく、今の彼女の暮らしぶりはこうだ。

「月に家賃が14万円、食費が4万円ほどかかりますが、ファンクラブの方が出してくれていて、 感謝の言葉しかありません。65歳からは年金が月15万円ほどもらえるはずですが、今、蓄えはないです。
渡辺音楽出版との契約で、私が死ぬまで3カ月に1回、5万円が振り込まれることになっていますが、 全額娘に渡していて、普段の生活に使うお金は、娘が週に3回、2000円ずつ振り込んでくれて、それでなんとかやりくりしています」

かつての大スターが、週に6000円でやりくりしているとは驚きだが、 「それは私に浪費癖があるからです。20代のころから良い思いをたくさんしてきて、 今でもそのときの感覚が忘れられなくて、お金があると使っちゃうんです」

そして、デビューから今日に至るまでの経緯を、このように語った。

「19歳でデビューするとすぐブレークして、月給300万円もらっていたんです。 渋谷区の松濤に5LDKのマンションを6000万円で買って、ひとりで住むのが寂しくて、数年後に売っちゃいましたけど。
お金は母に渡していましたが、頼めば高いお洋服も買ってくれるし、外食にもよく連れていってもらっていました。それにデビュー時のマネージャーさんが“自分への投資に衣装をいっぱい買え”と言っていたので、
値段を気にする習慣もなかったんですね」

だが、そんな日々は長くは続かなかった。
「25歳のとき、甲状腺機能障害ということで入院して、2年間、芸能活動を休止しました。 本当は人気がなくなってきて、寂しくなって、鬱病になっていたんです。 1カ月入院したんですが、その間に、渡辺プロと病院の先生が話し合って、“嘘の病名を作ろう”ということにしたのが真相なんです。

出典:週刊新潮

天地真理のプロフィール

出身地東京都
生年月日現在67歳
身長158cm
血液型O型
最終学歴 国立音楽大学附属高等学校声楽科卒業

 天地真理は、1970年代前半に国民的アイドルとして人気を博した日本の女性歌手。

 1971年10月1日にアイドル歌手として「水色の恋」でデビューし大ヒットした。

 相前後して、同じく1971年に歌手デビューした南沙織、小柳ルミ子とともに『三人娘』と呼ばれた。70年代初期における天地真理ブームは老若男女を問わず厚い層に波及し、正に国民的スーパー・アイドルとなった。

 1973年のブロマイド年間売上枚数が女性部門で1位になる。また、人気アイドルとしてキャラクターグッズが多数つくられ、さらにはブリヂストンサイクルからは自転車「ドレミまりちゃん」なども発売された。今では当たり前となったアイドルグッズのはしりといえる。

 1986年9月、カフェバー経営者と結婚、翌年女児(のちの青木真保)を出産するが、1996年に離婚する。

出典:wikipedia

ファンクラブ事務局アカウント

天地真理さんの画像

ネット上の声