北陸線粟津駅付近の線路で男児2人が電車にはねられる事故 心肺停止の状態 5/25

 石川県警によると、25日午後6時50分ごろ、同県小松市のJR北陸線粟津駅付近の線路に「人が倒れている」と110番があった。男児2人が倒れており、病院に搬送されたが心肺停止の状態という。

 JR西日本金沢支社によると、福井発金沢行きの普通電車が粟津駅を出発する際、運転士が前方のホーム端付近の線路に人が倒れているのを発見した。

出典:共同通信

25日午後7時前、石川県小松市にあるJR北陸線の駅の近くの線路上で、男の子2人が倒れているのが見つかりました。2人とも意識がない状態で、警察は列車にはねられたと見て詳しい状況を調べています。

25日午後6時45分ごろ、小松市符津町にあるJR北陸線粟津駅のホームの端の下り線の線路上で、男の子2人が倒れているのを駅を出発しようとした列車の運転士が見つけ警察に通報しました。

警察やJRによりますと、男の子2人は意識がない状態で、病院に搬送され手当てを受けています。

2人とも何かにぶつかったような痕があることから、警察は列車にはねられたと見て状況を詳しく調べるとともに、身元の確認を急いでいます。

この影響でJR北陸線は午後6時45分から加賀温泉と松任の間の上下線で運転を見合わせましたが、午後8時すぎ上下線ともに運転を再開しました。

JR粟津駅の近くに住む男性は「事故の前に小学生くらいの子ども2人が線路の中に入って遊んでいるのを見た。まさか事故になるとは思わなかったが危ないと感じていたので、注意しておけばよかった」と話していました。

出典: NHK

Twitter上の声

人身事故時のツイート