茅ヶ崎市の国道1号線で乗用車が歩道を歩いていた6人に突っ込む事故が発生し死傷者 道路封鎖、通行止め 5/28

28日午前、神奈川県茅ヶ崎市の国道で横断歩道をわたっていた4人と歩道を歩いていた2人の合わせて6人が車にはねられ、このうち女性1人が意識不明の重体になっています。車は90歳の女性が運転していて、警察が詳しい状況を調べています。

28日午前11時ごろ、神奈川県茅ヶ崎市元町の国道1号線で、「車が歩道に乗り上げた」と消防に通報がありました。

警察によりますと、横断歩道をわたっていた4人と歩道を歩いていた2人の合わせて6人が車にはねられて病院に搬送され、このうち成人の女性1人が意識不明の重体だということです。また、消防によりますと、別の女性についても症状が重いということです。

警察によりますと、車は90歳の女性が運転していて、横断歩道をわたっていた人たちをはねたあと、さらに近くの歩道を歩いていた2人をはねたということです。

車の運転していた90歳の女性もけがをして病院に運ばれたということです。

現場はJR茅ヶ崎駅から北に400メートルほどの場所で警察が詳しい状況を調べています。

出典:NHK

28日午前10時55分ごろ、神奈川県茅ケ崎市元町の国道1号で、乗用車が、横断歩道を渡っていた4人をはねた後、歩道に突っ込み、さらに2人をはねた。この事故で女性1人が死亡し、2人が重傷を負っているという。県警茅ケ崎署は自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の疑いで、事故時の詳しい状況を調べている。

 署によると、乗用車を運転していたのは90歳の女性とみられ、けがをしているため、病院に搬送されたという。現場の信号は車側が赤だったとの目撃情報もあり、慎重に確認している。

出典: 朝日新聞

現場付近の地図・場所

Twitter上の情報