鳥取県智頭町の積雪状況 1/24

鳥取、岡山の県境付近では強い冬型の気圧配置の影響で、二十三日から二十四日朝にかけ大雪が降った。鳥取県の智頭(ちづ)町や江府(こうふ)町などの国道や自動車道では、動けなくなる車が続出。同県や国土交通省、西日本高速道路によると、一時三百台以上が立ち往生し、車両の移動や除雪作業を急いだ。気象庁は二十四日夕まで大雪への警戒を呼び掛けている。  

同県の平井伸治知事は午前四時すぎに自衛隊に災害派遣を要請。県などによると、人命救助や物資の搬送に当たる約七十人のうち一部部隊が、智頭町で車の救出作業を始めた。  

二十四日早朝の時点で、智頭町の国道373号で約二百台、同町の鳥取自動車道で約百三十台が立ち往生。鳥取、岡山両県を結ぶ米子自動車道でも二十三日午後から六十台以上が動けなくなったが、二十四日午前に解消した。立ち往生は十八時間以上続いた。  

西日本高速道路によると、立ち往生した車に乗っていた七十代の男性二人が体調不良を訴え搬送された。現場は鳥取と岡山の県境付近の江府(江府町)-蒜山(ひるぜん)(岡山県真庭市)インターチェンジ間。二十三日午後二時ごろからトラックなど複数の車が雪で身動きできなくなり、後続車も滞留した。

消防によると、鳥取自動車道でも車内にいた三歳男児が発熱し、病院に運ばれた。鳥取県によると、国道373号ではバスの乗客などが公民館や町の施設に避難した。気象庁によると、鳥取県では二十四日午前十一時現在、智頭町で九七センチ、大山町で二二〇センチの積雪を観測した。

出典:東京新聞


地図・場所

鳥取県ライブカメラ

Twitter上の声

丸一日かかって車両の立ち往生が解消される