岸和田だんじり祭・春木中町でだんじりが転倒する事故が発生 9/17

 17日午後1時ごろ、大阪府岸和田市春木若松町で、岸和田だんじり祭りのだんじり1台が転倒し、祭りの参加者の数人が負傷した。
 市消防本部などによると、救急搬送されたのは、30~50代の男性7人。一部は、かかとやあばらの骨が折れる重傷の疑いがあるという。曲がり角で一気に方向転換する「やりまわし」の際、だんじりが転倒したらしい。

引用: 朝日新聞

動画

Twitter上の情報

コメントリスト

  1. 名前:ふじこ 投稿日:2017/09/18(月) 18:27:24 ID:1693bf0df

    岸和田だんじりって、実は神社の祭礼に何ら関係ない、ただの氏子町内のウェーイ騒ぎでしかない、ってみんな知ってた?
    要するに単にDQNどもがお祭りに乗じてバカ騒ぎしているというだけのイベント。日本文化的にはほぼ無意味。

    だからこそ、ユネスコの世界遺産はおろか、重要無形民俗文化財に申請しても、高山まつりなど他の似たような山車祭礼と同格・同質とはみなされずに、国と文化庁から何度も却下され続けてる。ぜひ一度調べてみてほしい。
    神社本庁をはじめ、日本のまともな神職関係者はどちらかというと蔑視してる「なんちゃって伝統行事」。これが真実なんだ。

    それを地元の無教養層は「なんでや!」
    とかわけもわからず憤慨してたりしてもうね、アホかと、バカかと。

    こんな底辺どもの乱痴気騒ぎ、文化的・歴史的な価値なんか公的に認められてないんだから、いつやめても日本文化にとって何にも関係ないんだ。
    原宿のよさこいソーラン祭りが中止になるのと同じ程度なんだよ。

    あ、いや、DQN層の間引きには貢献してるか。すまんな。