名門大洋フェリーの「フェリーふくおかII」が兵庫県明石沖でブイに接触する事故で立往生

18日午後7時半ごろに兵庫県明石市沖で浮標(ブイ)と接触した名門大洋フェリーの「フェリーふくおかII」は、事故や周囲の状況が不明なこともあり、現場でそのままいかりを下ろして海上に停泊した。夜が更けるにつれ、乗客は不安を募らせていた。

 同日午後11時半ごろ、乗客の50代の男性会社員が朝日新聞の電話取材に応じた。男性は山口県から大阪に遊びに来た帰りだった。事故発生時には、「ガガガガガと何かに当たったような音がした」という。その後、しばらくしてから「トラブルについてスタッフが確認中です」という趣旨の船内放送が複数回流れた。

 名門大洋フェリーのホームページによると、フェリーには和室や洋室、大部屋形式の部屋などがあり、売店や浴場、シャワー室もあるという。

 男性によると、船が停泊してから約4時間がたったが、気分が悪くなったり、感情的になったりする乗客は見かけないという。

 ただ、ロビーには多くの人が集まっており、乗客同士で「いつになったら動くのか」「大阪に引き返すのでは?」という話をしているという。男性は「明日から普通に仕事があるので、ちゃんと帰れるかが心配」と話していた。(大貫聡子)

出典: 朝日新聞

Twitter上の情報