福島駅西口で不審物が発見され付近を封鎖 爆発物処理班も出動 1/18

不審物が見つかったのは、JR福島駅西口の広場で、18日午前9時ごろ、JRの職員から、「ベンチの近くにキャリーバッグがあり、中から秒針が動くような音が聞こえる」などと、警察に通報があった。

キャリーバッグは、縦横45cmほどの大きさで、警察では中に爆発物がある可能性があるとみて、半径50メートルの範囲を規制した。

その後、県警の爆発物処理班がエックス線で中身を確認し、金属反応がなかったことから、午前11時半ごろに不審物を回収した。

出典: 福島テレビ

Twitter上の情報

爆発物ではないようです