八戸市城下3丁目の市道で事故が発生

青森県八戸市の市道で26歳の男性が頭から血を流して倒れているのが見つかり、病院で亡くなった。現場の状況などから警察は死亡ひき逃げ事件として捜査している。

11日午後11時頃、八戸市城下3丁目の市道で、近くに住む向山拓也さんが頭から血を流して倒れているのを通行人が見つけ、110番通報した。

近くの人「騒がしいなと思って気が付いて、倒れている方は動いていなかった」

向山さんは病院に運ばれたが頭などを強く打ち、6時間後に亡くなった。

八戸警察署は向山さんのけがの状態や現場の状況などから、死亡ひき逃げ事件として捜査を始め、逃げた車の行方を追っている。現場は、見通しの良い片側1車線の直線道路で当時、周辺は暗かったという。

出典:日テレ

現場付近の地図・場所

Twitter上の情報