茨木市宿久庄でクレーン車の事故が発生し停電 7/8

7月8日の9時過ぎ頃、大阪府茨木市で重機の事故が原因の停電が発生しました。

茨木市宿久庄で作業のため停車していたクレーン車が突然後退。下り坂を走り出しアーチ型の車止めや電柱をなぎ倒しながら、T字路のガードレールを破壊。更に竹やぶに突っ込み、車体の一部が転落する事故となりました。

この事故により電線が破損したため、宿久庄・清水の約170戸で停電が発生したということです。また幸いにもけが人はいませんでした。

このクーレン車の運転手は、「車を降りてしばらくしたら勝手に走り出した」と話していることから、輪止めを使っていなかった可能性もありますが警察が詳しく調べているということです。

14:30現在、既に停電は復旧しておりますが現場付近は、事故処理や現場検証のため規制線が張られ人や車の立ち入りができなくなっています。

現場付近の地図・場所



Twitter上の情報