長野県飯田市で山火事が発生 4/2

2日午前11時半ごろ、長野県飯田市千代で「土手が燃えている」と近くの住民から119番通報があった。市などによると、周辺の山林に延焼し、午後3時40分現在で約2・5ヘクタールが焼けた。けが人は確認されていない。

 長野県は午後0時5分ごろ、相互応援協定を結んでいる岐阜県の消防防災ヘリコプターに応援を要請した。その後、総務省消防庁の広域消防応援に基づき、山梨、静岡の両県の消防防災ヘリも駆け付け、消火活動にあたっている。また飯田市は県を通じ、陸上自衛隊に消火活動のための災害派遣を要請。自衛隊ヘリも消火活動に加わっている。

 長野県は2017年3月、唯一の県消防防災ヘリコプター「アルプス」を、墜落事故で失っており、活動再開は4月末の予定。 飯田市では昨年5月5日にも南信濃南和田で山林火災が発生。4日後に鎮火し、約7・5ヘクタールが焼けた。

出典:朝日新聞

Twitter上の情報