川崎市宮前区犬蔵のホテルで強盗傷害事件が発生 2/7

2月7日の5:00前、神奈川県川崎市宮前区で強盗事件が発生しました。

事件があったのは、川崎市宮前区犬蔵1丁目のホテル内です。

この付近にはホテルが数件ありますが、Twitterに投稿された画像によりますと「HOTEL SEEDS 東名店」の入り口が警察により規制線が張られています。

刃物を使用した強盗傷害事件ということですが、犯人の特徴や被害額、負傷者の有無などの事件の詳細については分かっておりません。

事件現場は東名川崎IC出口から300mほど新百合ヶ丘方面に向かったとこで、警察による捜査が進められています。

7日朝早く、川崎市のホテルの事務室に男が押し入り、刃物のようなもので従業員を脅して、現金数十万円を奪って逃げました。 従業員は手にけがをし、警察は強盗傷害事件として逃げた男の行方を追っています。

7日午前5時前、川崎市宮前区犬蔵にある「HOTELSEEDS東名店」の1階の事務室に男が押し入り、事務作業をしていた50歳の男性従業員に刃物のようなものを突きつけて「金を出せばいいから」などと脅しレジから現金数十万円を奪って逃走しました。 警察によりますと、男は従業員を後ろから羽交い締めにして首もとに刃物のようなものを突きつけてもみ合いになり、従業員は右手にけがをしたということです。

調べによりますと逃げた男は上下ともに黒色のような服で白いマスクをつけ、30代から40代くらいだということです。 現場は東名高速道路の東名川崎インターチェンジのすぐ近くで、警察は強盗傷害事件として被害額の確認を急ぐとともに逃げた男の行方を捜査しています。

出典: NHK

現場付近の地図・場所

Twitter上の情報

ニュースフラッシュ